鉄の箱

25 名前:コピー :2005/06/21(火) 20:44:46 ID:UKGFSoDp0
464 :お願いします :2005/06/21(火) 20:27:02 ID:lgMYyk1J0
コトリ箱の話が出ていたので、誰か知ってる方いればと思い書き込みます。
長くなりますがすみません。



以前、親が転勤族のため中国地方のある県の山奥に住んでいたことがありました。
まだ僕は小学生で、近所の友達の家にしょっちゅう遊びに行ってました。
(以後その友達をMって書きます。)
かなり庭が広くてその隅に木にかこまれた結構大きめの祠があって。
小さい頃からMん家で毎日のように遊んでたんで
その祠自体は知ってたんですけどそこに近付いたことは無かったんです。
Mも行ったことが無いらしくて、というより行っちゃいけないって言われてました。
普段からMのじいちゃんがスゴク恐かったんで2人ともおとなしく聞いてたんです。

そうこうしてるうちにそのじいちゃんが亡くなってしまいました。
Mのとこにしばらく遊びにいけなかったんですが、数日後やっと遊びに行けたんです。
そこで以前から気になってたあの石んとこ見てみんかーみたいな話になって。
じいちゃんはもういないし、Mの両親は畑に行ってるしまわりに僕らしかいないんで。
(Mにはの妹が2人いるんですが俺の妹と家の中でママごとみたいなことをして遊んでました)

田舎なんで周りは古い家ばかりなんですが
Mのとこは群を抜いてデカイ家でしたし
子供の想像ですが、中には刀とかあるかもな、とワクワクしてました。
観音開きの石の扉を空けたら中には茶色っぽい鉄の箱が入ってました。
大きさは8センチ四方ぐらい。
箱のまわりには砂のような砂鉄?のようなものがまかれてて。
持ち上げてみたらめちゃめちゃ重くて「鉄が詰まってる」っていう感じだったんで
箱というより固まりかもしれません。
まわりには竜のような絵が彫られてて、
裏側にはなんか字(?)らしきものが書かれていましたが
難しくて読めませんでした。
わけがわからんのと気持ち悪いのとで急いで元に戻して、
家の中で遊んでました。


26 名前:コピー :2005/06/21(火) 20:45:28 ID:UKGFSoDp0
465 :?¨?e`?¢?μ?U¨?・ :2005/06/21(火) 20:27:55 ID:lgMYyk1J0
その晩、そろそろ寝ようかとしてたら救急車の音が聞こえてきました。
急いで外に出てみたら救急車はMの家に向かっているようでした。
両親はMの家の方へ向かいましたが僕と妹は家で寝さされました。
次の日、母が言うにはMの妹が亡くなったとのこと。
昨日の夕方まで一緒に遊んでいたのでビックリしてしまいました。

それから半月ぐらいたった頃、Mの親父が事故で亡くなってしまいました。
ガードレールのない山道に軽トラックごと谷へ落ちたそうです。

立続けに3回も葬式を出すことになったので子供心にも異常なことだと
思いました。
なんとなく、あの箱を触ったのが悪かったような気がしていましたが
バレたら怒られるるのが恐くて僕もMも黙っていました。
でも特に僕とMに何かが起こったということはありませんでした。
(遊んでて骨折、とかはありましたが命には全然別状ないです)

中学生になってから、うちの家族は市内の方へ引っ越して、
Mとも連絡をだんだん取らなくなっていました。


27 名前:コピー :2005/06/21(火) 20:46:06 ID:UKGFSoDp0
467 :お願いします :2005/06/21(火) 20:29:39 ID:lgMYyk1J0
数十年たって、今三十過ぎになったんですが
先月、久しぶりにMから連絡がありました。
なんでもMの奥さんが流産したらしいのです。
M「ワシんとこまたおえんかった。
  ○○(妹)もじゃ。
  鉄の箱、あったろーが。アレじゃなかろうか?」
Mの奥さんが2回流産したらしいのですが
Mの妹(もうひとりの)も流産らしいのです。
それであの鉄の箱のことが気になって、
あの時一緒にいた僕にも
なんか変なことないかと聞いて来たのです。
箱はもうお寺にあるそうです。
最初の流産の時に、お寺に見てもらったらしいのですが
Mのうちはもともとそのへんの庄屋だったので
なんかを鎮めてるものらしいということですが
(箱の裏にあった字が「鎮」という文字だったらしいので)
結局なにかわからんかったとのこと。
とりあえず預かってもらったそうです。

お寺さんで供養してもらってるのに
まだ不幸が続くのでMはめちゃめちゃ怖がってます。
僕も恐いですがどうしたらいいかわからんし、
誰かこんな時どうすればいいか、聞いたことないですかね。
俺らじゃもう方法ないんじゃないかと行きづまっています。
どなたでも結構ですので、どうすればいいか知っている方
教えて下さい!

ちなみにMというのはコトリ箱のMさんとは関係ありません。
ただの頭文字ですんで。
長文すみません。
28 名前:お願いします :2005/06/21(火) 20:53:41 ID:lgMYyk1J0
>24さん
ありがとうございます。
今、貼り直そうとしていたとこでした。

30 名前:本当にあった怖い名無し :2005/06/21(火) 21:03:32 ID:vPkI9SE50
>>24 乙でした。

鉄かあ。 組細工箱ではなさそうだな
しかし、もしそれがコトリバコ類いの箱であれば寺でなく神社で
お祓いの方が適しているのではないかねぇ?こちらのM氏の証言から考えても。

32 名前:お願いします :2005/06/21(火) 21:14:00 ID:lgMYyk1J0
恥ずかしながら神社というのはまったく考えてませんでした・・・。
Mからお寺に持っていったと聞いた時、それで打つ手は打ったなと
思ってしまいました。
基本的なことなのかも知れませんがこういうのは神社なんですかね・・・
36 名前:お願いします :2005/06/21(火) 21:30:11 ID:lgMYyk1J0
そうですよね。
お寺では埒があかないようなので神社にも一緒に相談行ってみようと思います。

細かく書いたかとは思うんですが、書き忘れがありましたら言って下さい。
わかる限りこの箱の情報を伝えよう思います。
僕はあやふやですがMは最近この箱を見ているんで
もう少し詳しくわかるかと。
あまり特定できるようなことは言えませんが・・・。
69 名前:本当にあった怖い名無し :2005/06/22(水) 05:35:09 ID:MtEVGnbL0
>>25 
の話って岡山県?んで山奥の方っていうから県北の中国山地の辺り?
真庭とか阿哲とか大佐とかかな…と根拠はないが思った。
101 名前:32 :2005/06/22(水) 09:52:34 ID:ZCrq+3Az0
>>作成者さん
確かに関わらない方がいいのかもしれませんね。
私に今まで災いのようなものが無かったのは引っ越したおかげだったかも知れないし。
でもMの場合、自分の家の敷地内にあったものだし、避けられないのかな。

>>30
神社、ということで気づいたんですが祠って神社系ものなんですね。
(自分なりにいろいろ調べてみたんですが・・・)
今まで鉄の箱ばかり気にしてたんですが、昨日Mに祠自体に
なんか手がかりないか電話しました。
遅かったんでさすがに恐いらしく、今朝連絡あったんですが横に
「享保壱拾弐年」
と書かれて、内側にビッシリ(3〜40人ぐらい)
「○兵衛、○衛門・・・
と書かれていたそうです。
かなり気持ちわるかったそうです。

>>69
そうです。その辺です。
地方独特の風習のようなものかもしれないんで詳しく言えればいいんですが
結構有名な温泉があるところです。(岡山は温泉多いですが・・・)

102 名前:本当にあった怖い名無し :2005/06/22(水) 10:36:17 ID:esFW4qLCO
>>101
呪いじゃなく自分ちの屋敷神に失礼な事をして祟られてるからでしょう。そうならないように何をするか解らない子供には祠に近くな、というお年寄りはよくいます。
ちゃんと視れる神社の人か密教系の人に相談するようにアドバイスしてあげて下さい。 ほんとに危ないから。
103 名前:本当にあった怖い名無し :2005/06/22(水) 10:40:13 ID:V7NczOG20
湯原、かな。結構近場なので気になった。
当方、南の某宗教じみた町の隣町に住んでたもので。
年代と名前は祠の作成年代と村のおとなたちの名前では。
>>100
思うに、信仰心がなければ水は水、札も紙に過ぎず、何か自己暗示できようもない。
だから敢えて信仰心にすがるしかない、というのはありそう。
でも、一朝一夕には無理だと思うし、神職を頼るしかないのもまた
106 名前:32 :2005/06/22(水) 11:43:13 ID:ZCrq+3Az0
>>102
ありがとうございます。
今さらですが変なことしなければとスゴク後悔しています。

早速今日にでも見てもらえそうな神社を何件かまわって
アドバイスしてもらうように伝えました。
昼からでも行ってくるそうです。
(密教系はどこへ行けばいいのかちょっとわかりませんので)

>>103
近くで強い神社があるなら教えて頂きたいんで言いますが、
おっしゃるとおり湯原です。
書かれていた名前に関しては、聞いた時はちょっとビビリましたが
冷静に考えると多分そうだと思います。わかりませんが・・
108 名前:本当にあった怖い名無し :2005/06/22(水) 12:12:05 ID:we7uZBum0
>>106
その名前は、こんな感じ?

与助、五助、喜兵衛、甚九郎、忠助、七郎兵衛、長三郎、善兵衛、治郎右衛門、治郎兵衛
だったら享保 12年 山中一揆関係

118 名前:32 :2005/06/22(水) 12:38:34 ID:ZCrq+3Az0
>>108
全部聞いたわけでは無いですがそんな感じだと思います。
「キヘエ(喜兵衛?)サンエモン(三衛門?)・・・他にもいっぱいおる」
みたいな感じで聞いたので。
電話口で聞いた名前なので文字は間違ってるかも知れませんが
聞いたのは2名です。

山中一揆、ですか!
ありがとうございます。今調べてみます。

135 名前:32 :2005/06/22(水) 17:52:46 ID:Uw4lyhR60
Mから連絡ありました。
わかったことが3つありました。

何件か神社を回ったのですが特にこれと行ったことはわからずじまい。
ただ、1件「○○さん(神社の名前)とこならわかろ〜が」と言われたのですが
そこは今日は不在でした。明日にでも改めるらしいです。
ただMは鉄の箱を持っていってたんですが、
これは持ち歩くようなものではないと言われたこと。

2つ目は祠に享保という年代が出て来たので
その時期に何かあったのではと家の中を探したらしいのですが
享保12年にMの家の人が3人たてつずけ亡くなっているらしいのです。
仏壇の中に蛇腹の過去帳?(一家の享年を書いてるやつ)
があって、4才男、9才男、22才女とどなたもまだ若いんです。

3つ目は>>108さんのおかげなんですが「山中一揆」調べました。
この一揆は享保11年には終わっているようですね。
処刑者の名前が出ているサイトがあったんでMに確認したんですが
祠の名前とほぼ一致しました。(もう読めない文字も多いですが)

結論としては
祠は亡くなった3人の共同のお墓で、守ってくれるのを期待して
地元の英雄(一揆に参加した人)の名前を書いているのでは・・・
というとこに落ち着きました。
ともあれ、明日Mがその○○神社に行ってくるので
もう少しキチンとわかると思います。
136 名前:本当にあった怖い名無し :2005/06/22(水) 18:37:09 ID:Vn9KvPX80
>>135 32氏 乙です

その三人が何故亡くなったのか判ればいいんだけどな。

138 名前:32 :2005/06/22(水) 18:49:19 ID:Uw4lyhR60
>>136
享年しか出てないんで原因はわからないですね。
一揆で・・・とか思ったけど収まった翌年だし。
でも若さからいって病気か事故ですよね。


154 名前:本当にあった怖い名無し :2005/06/22(水) 19:37:17 ID:zujY3dBO0
>>32さん
祠はちゃんと管理されているんでしょうか?
Mさんがそういう立場だと思うんですが。

ちょっと心配。

158 名前:本当にあった怖い名無し :2005/06/22(水) 20:36:32 ID:we7uZBum0
>>135
ググってみました。

1726(享保11)年 7,8月の2ヶ月,少しも雨が降らぬという干害の年になる。
山中一揆が起こる。

享保11(1726)年11月12日夜,大庭郡河内村の大庄屋・中庄屋ら3人が,
西原(落合町西原)の米倉に納められていた年貢米のうち,自分たちの取り分(先納米か,
御用米の返済分)を勝手に持ち出そうとしたのが発端
色々あって、翌年3月の処刑で終焉のようですが、
干害の年の翌年は飢饉が起きがちですね。

その前後の年も天災が続いたためかなり悲惨な状態であったようです。


162 名前:32 :2005/06/22(水) 21:25:13 ID:QZpiMC8m0
>>154さん
もちろんまわりの掃除はしているらしいですが、
なにかを供えたりとか特別な管理はしていないようです。

>>158さん
今、ちょっと気になったんですがMの家は大きい庄屋だったんですね。
山中一揆、自分でも調べたつもりだったんですが
思い込みで「Mの祖先=一揆に参加した農民」の立場でずっと考えてました。
敵対する立場となったら祠の意味合いがちょっと変わってくるような・・・。

以前>135で
「祠は亡くなった3人の共同のお墓で、守ってくれるのを期待して
地元の英雄(一揆に参加した人)の名前を書いているのでは・・・ 」って
言ってしまったのは全然違うかもしれない。

164 名前:本当にあった怖い名無し :2005/06/22(水) 22:02:23 ID:iGXsWstU0
>>162
むしろ一揆参加者の亡霊たちを鎮めていたのでは?

ふとした弾みでお目覚め。あー良く寝た。

索敵必殺!子孫を祟る!祟る!祟る!(現在進行形)

そして誰も(ry

166 名前:32 :2005/06/22(水) 22:41:22 ID:QZpiMC8m0
>>164
それなら子孫じゃない自分や妹に何も起こらなかったのは納得できます。
なんかMの調子もわるいらしいので、明日にでも僕も一緒に
(知ってるかもしれないっていう)神社に行ってこよう思います

182 名前:本当にあった怖い名無し :2005/06/23(木) 08:00:41 ID:rIyqVo0l0
>>32
件のM氏が大庄屋中庄屋の子孫であり、義民の名を彫り付けた祠を開いたとすれば
オカルト的な話だなあ。
あの近くだと、確か福山の神理教の人が霊能に長けてたはず。

183 名前:本当にあった怖い名無し :2005/06/23(木) 08:40:57 ID:hjadfKkC0
>>32
この中にその祠ある?
ttp://www.hanzaki.com/siseki/siseki1.htm

184 名前:32 :2005/06/23(木) 09:23:16 ID:MiAMipSp0
>>163>>182
ありがとうございます。
もし今日やっぱりわからないようならそちらへの相談も考えたいです。
>>183
すぐに探したんですがないようです。
史跡っぽいのではなく、個人の庭にあるレベルの祠なので。

今日は一日休み貰ったので、ではそろそろMと合流して○○神社に行って来ます。
Mのところまでは車で飛ばせば2時間ぐらいのところですので。
(昨日からMの具合がかなり悪いみたいなんですね・・・心配ですが。)



これ以降32氏からレスなし



ブログパーツ




posted by オカルト・都市伝説 at 00:28 | ことりばこ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

普通の家族がいちばん怖い

学校であった怖い話

東京伝説(渇いた街の怖い話)

葬儀屋が教えるココだけの怖い話

怖い話はなぜモテる

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。