憑きすぎた人形



信じるか信じないかは別として知り合いに変わったやつがいる。小学校時代からの友人で、現役の住職をやってるやつがいる。


私自身は霊感なんてこれっぽちも持ち合わせていないのだがこいつのせいで 何回かありえない現象にあっている。


私は職業システムエンジニアでそういったものはまったく信じてないし、ありえないし、いるはずがないと日頃から公言している。そういうのもあって住職がやたら私にそういうものや話しをしてくる。


社会人になって間もない 夏のある夜、住職から電話があった。


「よぉ 俗世間の生活はどうだ? 楽しいか? 今から時間あるか?」


ちょっと酔っ払ったような軽く興奮したようなそんな早口の口調だった。日頃は年の割には達観したというか落ち着いた口調の奴なんだが、めずらしい事もあるもんだと思って


私「まぁ明日休みだし、久しぶりに飲むか?」


と答えたら


住職「今からいく」


十分もしないうちに住職がやってきた。


住職「いやぁ ひさしぶり 何年ぶりだ?ん?」


そういいながら 家にやってきた。私「あほか こないだおうたとことこやろ それよりなんか用か?」

住職「友達にあうのに用がいるのか? あははは」


酒をちびちび飲みながらくだらない話をしてたんだがなんか様子がおかしい。妙にうれしそうだ。


私「お前 なんかあるやろ そんなにうれしそうなんおかしいぞ」

住職「やっぱわかる?今日はちょっとおもしろいものもってきた」

私「なんや?ビデオか?ゲームか?つまらんもんは嫌やで」

住職「ふふ ジャーーん いわくつきの御人形!」


そういって鞄の中から木箱だして蓋をあけて見せた。


私「うわ・・・・いやがらせか? 第一そんなもんどっからひろてきたん?」

住職「まぁきけ」


話しはこうだった。


住職の知り合いAさんから妙な相談を持ちかけられ私の家に来る前にいってたそうだ。妙な相談というのは、Aさんが東北でかった古い人形を見てくれというものだった。Aさんいわく、人形を手に入れてから、家で子供の話し声や誰かがいる気配が常にするので住職のお寺でお払いしてほしい、そんな相談だったらしぃ。


私「・・・でこの人形になんかあるん?」

住職「まぁそれは内緒。言ったら面白くないやん」

住職「これ見てみ御人形さん悲しいというか怒ってるというかそういう顔してはるやろ」

私「・・・確かに古臭いが そんなんありへんよ あほらしい」

住職「お前ならそういう思てね もってきた んで今日はここに置いていく」

私「・・・まじで? 預かりもの置いていくなよ 何考えてるの?」

住職「まぁお前、日頃から全否定してるやん それにこれ昼間でないと・・」

私「はぁ?意味わからん ふざけんな もって帰れよ」

住職「それにこれはAさんとこ返されへんからな ほなな かえるわ」


本当に置いていった・・見たところちょっと薄汚れてたが普通の日本人形だった。少し酔ってたせいもあって気にも止めないで、人形を箱にほりこんで、箱を TVの上に置いてその日はぐーすか寝たんです。


しばらくして 喉が無性に渇いて目が覚めた 時計をぱっとみると03:30。人形のことなんかすっかり忘れて 台所で水をごくごく飲んでたんです。そしたら服をちょいちょいと引っ張られて、ん?とおもってみたら子供が私のよこっちょにいて


「うちらもお水・・・」


あぁ・・はいってコップに水をいれてる最中に我に返りました。びっくりして振り向くと 部屋中に何十人も子供がいてこっち見てたんです。


情けないことにそっから記憶がなく、朝 住職のインターホン連打で目が覚めました。


私「もぉ休みの朝早くからちょっとは迷惑かんがえろよ」

住職「ん? なにいうてるん?もぉ昼過ぎてるぞ」


時計をみると12時を過ぎてました。住職が私の顔を見てニヤニヤしながら、


住職「昨日なんかあった?」

私「なーんもあらせんよ 酔ってたしぐっすり寝てたわ」

住職「んーー・・そうかぁ・・ まぁ 人形どこ?」

私「そこTVの上」


住職がTVの上においてある人形をひょいて持って、なんかブツブツ言い始めた後 数珠を人形にかけたんです。


住職「ほんまになんもなかった?」


内心 人形が箱から出てたと昨夜の子供の件でかなりびびりまくってましたが、弱みをみせるのもしゃくなので 何もないと言いはねました。


住職「これね たぶん コケシ なんよ ようさん子供が憑いてる」

私「・・・・・」

住職「こんだけ 憑いてたら ご供養してもあかんしな これは焼かなあかん」

私「・・・・・適当なこというなよ・・・」

住職「ほんまやで ほれ」


住職が人形の着物はぎとったら 人形の腹から 何やら名前を書いた小さな紙がばらばらとでてきた。


それを見てその場で泣きそうになったけど、その日のうちに住職の知らないお寺にいってお払いしてきてもらいました。

●関連記事
憑きすぎた人形
交通整備員
蹴り飛ばした何か
死してなお
とばっちり
見てる



ブログパーツ
エリートセックス

posted by オカルト・都市伝説 at 13:07 | 住職シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

普通の家族がいちばん怖い

学校であった怖い話

東京伝説(渇いた街の怖い話)

葬儀屋が教えるココだけの怖い話

怖い話はなぜモテる

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。