交通整備員



信じるか信じないかは別として知り合いに変わったやつがいる。小学校時代からの友人で、現役の住職をやってるやつがいる。私自身は霊感なんてこれっぽちも持ち合わせていないのだがこいつのせいで 何回かありえない現象にあっている。


大学生時代、みんな免許取り始めてうきうきしてた時分の話です。季節的には、夏 夜遊びしてて、ふとある話題から怪談話に移っていった。


私自身は1ミリも信じていないんだが、女の子もいたこともあり、大いに参加。よくいう都市伝説の話とかしてました。むろん住職(学生時代は髪があり出家はしてなかった)もがんがん話しをしてもりあがりました。


やはり行き着くところ、ミステリーツアーということになり5人で夜中に車で出発。関西地方で有名な幽霊トンネルに行くことになりました。


山中を目的地にむけて車を走らせること数十分。街から離れ、街灯もろくになく、対向車すらなくなってようやく目的地近くまできたときに運転手Aが突然のブレーキ。

あまりの急ブレーキに頭にきたので


私「急ブレーキ かけんな このへたくそが!」

A「・・あれ・・あれ・・」


うわずった声で、前を指さしたんですよ。


前方を見ると、赤い光がゆっくり円を描くようにうごいている。。


私「んん・・? 工事かなんかちゃうん? 徐行でいけ びびりすぎ」

A「ん・・・あ・・うん」


声にならない返事でゆっくりと赤い光にちかずいていきました。すると後ろにすわってた住職が


「あっ・・」


と一言。


案の定私の予想道理 警告灯を持ったガードマンらしき人がたっていた。運転しているAが車をゆっくりととめたので、なにげなく私は窓を開けて


「工事ですか?道通れます?」


と声をかけた。


ガードマンらしき人は何も答えずこちらをちらりとも見ないで無表情のまま、警告灯を道路の先に向けて”行け”と、突然壊れたおもちゃの様に前後に激しく振りはじめた。感じ悪いやつだぁと思ったが気にしないで


私「いこうぜ」

A「・・・・・」

私「? 早よいかんかぁ」

A「・・・・・」


無言のまま急発進。1分もしないうちに、私と住職以外がワンワン泣き始めた。Aにいたっては


「ぃぃぃぃぃぃぃぃ・・・・・」


と半分悲鳴みたいな声でうなっている。


あまりのスピードと乱暴な運転におどろいた私はAに


私「ちょっと 止めるか スピードを落とせ あぶない」

A「ぃぃぃぃぃいいいいいいいぃぃぃいいいぃぃ・・・」

私「事故るだろうがっ!!!」


Aの頭を 力いっぱいはたきました。


ようやく電車の駅前のちょっとした広場みたいな所でとまりました。


私「Aよお前 何をしとんねん?」

A「・・・・・・・・・・・・・」

住職「まぁまぁ あれはしゃーないよ」

私「なにが?なにがしゃーないん?」

住職「まぁ大丈夫 ちゃんとお清めするから」

私「? なんかでたん?」

全員「・・・・・・」

私「なぁ なんか見えたん? なぁ なぁて・・」


住職以外は私と目もあわせようとしない・・・ちょっとムッときたので


Aと運転を代わるから今すぐ戻るぞ!!


といったところ、3人に全力で泣きつかれて頼むから朝までここにいようとお願いをされた。わけをきいてみると、こうゆう感じだった。


私が話しかけた相手というのが、手首から先が無く、下半身もなく宙に浮いていた。私が話しかけた途端、大声でゲラゲラ笑い始めて激しく手招きし始めた。駅前に到着するまで、ずーと笑い声がしていたそうです。


あまりのぶっとんだ話しにあきれ返って


私「あほくさ 朝なって確かめたらわかるやろ 帰り運転するからな」

住職「なぁなぁ お前さ どっち向いてた?」

私「どっちて・・助手席座ってたから左や」

住職「左走ってて左に話しかけたてどこ工事するん?」

私「どこでも工事くらいするわな」

住職「左てガケやで、お前のそういう鈍いとこすごいな」


翌朝。来た道を運転して帰りましたが、みんなにこう聞きました。


「あっれ? きのうの工事どこでやってたけ? わからんわ」


車内再度パニックでした。

●関連記事
憑きすぎた人形
交通整備員
蹴り飛ばした何か
死してなお
とばっちり
見てる



セックスフレンド

posted by オカルト・都市伝説 at 13:12 | 住職シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

普通の家族がいちばん怖い

学校であった怖い話

東京伝説(渇いた街の怖い話)

葬儀屋が教えるココだけの怖い話

怖い話はなぜモテる

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。