蹴り飛ばした何か



信じるか信じないかは別として知り合いに変わったやつがいる。小学校時代からの友人で、現役の住職をやってるやつがいる。私自身は霊感なんてこれっぽちも持ち合わせていないのだが、こいつのせいで何回かありえない現象にあっている。


学生時代 住職とよくつるんで遊んでいたのですが、そろそろ就職活動をはじめるかくらいの時期の出来事。


学食で一緒にご飯を食べて、午後のひと時をまったりとすごしていたときに、青白い顔した女をつれた友人Aがうちらの所にやってきた。


友人Aいわく、ちょっと住職にこの女の子Bの話をきいてほしい、そういうことだった。無論私もその場にいたので、一緒に話を聞くことになった。


ぱっとみわりとかわいいこの女の子Bが話を始める前に、ふいに住職が女の子Bをジーと見て


「だいたいわかったからその家から引越ししたほうがいいよ」


とにこやかにいった。


そのことを聞いた女の子Bはいきなりすすり泣きはじめて、


「やっぱり・・そうなんや・・やっぱりそうなんや・・・」


隣で聞いてた私は、さっぱり話が見えない上に理解できない。


私「また いんちきくさい話かよ・・」

住職「なんでお前は信じないの? 世の中には科学や理屈で解明できてないことたくさんあるのに・・いきなりいんちきと決め付けるのはどうよ?」

私「物理法則を無視した現象がおこりうるはずがないだろうが、そんな事象はありえない」


と議論はじめたら友人Aが


「まぁまぁ」


とわって入ってきた。


そこで女の子Bに、何があってどうなっているかを詳しく話せと問いただした。女の子Bはぼそりぼそりと、ここにきた理由を話し始めた。

大学にはいってから住んでいた アパートに最近妙なことが起こっている。夜中に寝ていると、どうも人の気配がする。そう気がつくと、金縛りにあい、回りの空気が重く冷たくなり、耳元で女の人の少し苦しそうな息づかいが聞こえると・・・・

昨日の夜、とうとうその苦しそうな息をする女が顔を覗き込むように頭上に正座しているのに気がついた。覗きこむ顔は、焦点があわないような目をしていて、顔にはひどく裂けたような傷が下から上まで広がっていて、口は閉じているのに、裂けたほっぺたから苦しそうな呼吸音がしていた。

というものだった。

私「ははっ 第一見る前から女の人というのがわかるって時点で夢じゃないの?それに金縛りも精神的なものですよ。今、いろいろと難しい時期だから、そういうのもかさなって疲れてるんじゃないのかな。それに簡単に引っ越せるものでもないでしょ?そう思うからそういう風に感じるんだと思うよ」

というと住職のやつが

「うーーん・・・」

住職「たしかに簡単に引っ越すのは難しいな 面倒だけど私が行ってお清めしますよ」
私「だから・・なんでお前はそうなんだ?」
住職「はは ならお前も一緒に来て本当か 嘘かたしかめればいい それが一番だろ?」

その女の子Bは私は部屋に帰るのが嫌なので鍵を預けるから・・・と主張したが、私はそれは解決にならんからだめだと説得して、私 住職 友人A 女の子B でそのくだんの件の部屋で一晩すごすことになった。

その部屋は別段かわった所もなく、6畳一間に2畳ほどの台所とガラリ2枚扉の押入れ、ベランダにエアコンその他もろもろとまぁそのへんによくある構造の部屋でした。

色々な可能性(異常者やストーカー(当時はこんな言葉はなかったですが))を考慮して住職と私は、押入れ、友人Aと女の子Bは6畳のところで寝るときめ、夜になるのをまちました。

女の子Bは最初、異常に怯えていましたが、住職がいるのと、他にも人がいるので、まぁ安心したような感じでした。

大体0:00くらいになったときに、取り決めどおり、私と住職は押入れに、Aは床にざこね、女の子Bは布団という感じで寝ました。

どれくらい時間がたったか、少しうとうとしてた私を住職が、こずいて小さな声で

「おい 起きろ 来てる・・こりゃ・・俺じゃ無理かも・・」

と。

押入れの隙間から部屋を覗くと、なんとなくですが、空気が重く、冷たい感じがしてました。Aと女の子Bが

「んんんん・・・・・んん・・」

と寝言なのかうなされているのか、なんともいえない声を発していました。

そのまま少し覗いていると、薄暗い部屋の中に確かに、Aと女の子B以外の何かがいる。Aと女の子Bの間くらいに、正座をして うつむいている感じの丸い奴がいました。

なぜかわかりませんが、とっさに3人目の誰かがいると判断した私は、押入れのふすまを蹴りあけました。蹴りあけたフスマの上に飛び乗り、フスマの上に突き出たナニカの頭?を、蹴り上げました。なにかに当たる確かな感触して

「み”ゅ・・・」

と鈍い声、というか音がし、もう一発床の上の黒いものをカカトで踏みつけました。ゴリッと嫌な手ごたえを感じ、3秒ほどの時間をおいてから電気つけました。

電気をつけると、鼻血をだしたAがなんともいえないうなり声をあげて、のたうちまわってました。すぐに蹴り倒したフスマをめくり、下を確認しました。一瞬黒いものがいた様な気がしたのですが、痕跡すらなにもありませんでした。

・・・・一瞬の静寂のあと 住職が馬鹿笑いをはじめました。

住職「お前が一番ありえへん 普通 蹴りにいかへんよ けど原因わかったで」
私「?いや せやけどなんもいーへんかった。。ちゅうよりA 蹴ってしもた A ごめん 大丈夫?」
A「ふが・・・いや 女がいた お前が飛び込んできたら消えた」

鼻を抑えて 血を拭いてるAが怒るでもなくたんたんと答えてきた。

Aと女の子Bの話を総合すると、Aと女の子Bの間に顔が裂けた女が座っていたそうです。この時点でAも女の子Bもはっきりと意識があり、私が飛び込むのを確認したそうです。

ふいに住職が、ベランダの窓を開けて、ちょっと手伝えと、私に手招きしました。エアコンの室外機をちょっと持ち上げてくれというので、少し浮かせると、住職が室外機の下に手をつっこんで、

「あぁあった やっぱこれだ・・・」

と、白い薄汚れたコンパクトをひょいと取り出しました。それを見た瞬間、私は

「あ おれが蹴っ飛ばした奴だ」

と確信に近い感覚を持ちましたが、黙って住職に

「なにそれ?」

というと住職が、少し難しい顔をしながら、それを紙に包んで

住職「んー。。なんだろうなこれ よくわからんが、女がついてる なんでここにあるのかがわからん。。 最初からあったのか ほりこまれた物なのか 最初部屋が原因だと思ってたんだけど、お前が蹴飛ばしに行ったら 空気が窓の外に集中したからわかったんだけどな」
私 「・・・・・・お前がしこんだんちゃうん?」
住職「むちゃいうな あぶないもん持ちたくないわ ほらこれ・・・」

そういって、薄汚れたコンパクトつつんだ紙を俺につきつけました。

よーくみると、ところどころ欠けたり、亀裂が入ったり、髪の毛がついてたりどう見ても血が乾いたようなシミがついてました。

その後、住職がコンパクトを持ち帰り、部屋には何も出なくなったそうですが、一つきになるのが、最初に蹴っ飛ばしたやつが何がいまだにわからない。フスマを破らずすり抜けられるモノがなんなのか今だに説明がつきません。

●関連記事
憑きすぎた人形
交通整備員
蹴り飛ばした何か
死してなお
とばっちり
見てる



セックスと科学のイケない関係

posted by オカルト・都市伝説 at 13:15 | 住職シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

普通の家族がいちばん怖い

学校であった怖い話

東京伝説(渇いた街の怖い話)

葬儀屋が教えるココだけの怖い話

怖い話はなぜモテる

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。