後日談




高校3年の夏休み、幼馴染から電話が来た。

「勉強手伝って・・・」

死にそうな声だ。

人の手伝いをする余裕なんかないんだが。

「ううう・・・化けて出てやる・・・」

彼女が言うとなんとなくリアルなので、渋々行くことに。図書館にいるってことで、そんなに遠くもないので歩いて行く。

クソ暑い昼下がりに、クソ重いカバンを背負ってだるそうに歩く俺。

途中、道路脇で子供が一人、地団駄を踏んでいる。小学1年ぐらいの男の子だ。

ああ、このぐらいの歳の子は飛び跳ねたり、わけもなく一人行進みたいなことするのが好きだものなぁ、としみじみ思いながら微笑ましい気持ちでその子を眺める。

そのうち、その子の動きがでたらめでなく、一定の連続した動きになっていることに気づいた。

空中をつかむ→つかんで地面に投げる→バンバン踏む

この動きの繰り返しだ。なんとなく楽しそうに、一心不乱に続けている。

何してるんだ?ちょっと気になって、男の子に話しかけた。
「こわいおじちゃんをねぇ、ころしてるの。」

暑さの吹っ飛ぶ答えに、聞き返すこともできずその場を去る俺。図書館に着き、幼馴染に早速報告。

「あのねー、全部そっち系に結びつけるのって、どーかと思うよ?」

お前の影響じゃ!

「子供って、そーいうのあるじゃん?一人遊びっていうか、空想で楽しむっていうかさ。その子もそれじゃないかな・・・・・あ・・・。」

あ、って何よ。

「それってさ、どのへん?その子がいたとこ。」

あ。

あの道路脇。俺が「人間パーツ寄せ集め」に睨まれたとこだ。

俄然、元気になった幼馴染。ふむふむ言いながら、一人納得のご様子。

「ちょっと休憩。行ってみよか、そこ。」

休憩て。俺着いたばっか・・・

今来たばっかの道を今度は二人で辿る。

「なんでその時点で気づかないかなー?○○君は才能あるのにさー」

知らんうちに才能まで芽生えさせられてる俺。そうこうしてるうち、問題の場所へ。男の子はまだいた。

「この子がやってたんだ・・・」

彼女が宝物でも見るかのように潤んだ瞳で男の子を見つめる。

彼女が男の子に近づいた途端、男の子が脱兎の如く逃げ出した。ご丁寧に、逃げる間際も、念入りに地面をバンバン踏みつけて。

「あーあ、逃げられちゃった。聞いてみたいこといっぱいあったのに。」

どゆこと?残念がる彼女に聞く。

「○○君はホント、理解力が乏しいねー。あの子の動き、見てたでしょ?」

何かをつかんで(ちぎって?)は投げつけ、踏みつけ・・・まさかあの子が、「人間パーツ寄せ集め」をあんな姿に?

「そゆこと。子供にこんな姿にされたんじゃ、そりゃ見られたくないもんねー」
「『こんな姿』って。まだ見えてんの?」「うん、もうバラッバラだけどね。そのうち消えるんじゃない?」

どこからともなく

「見るな・・・」

という声が聞こえたような気がした。

「○○君、やっぱ才能あるよ、うんうん。」

彼女が腕組みしながらしきりに頷く。

何でだよ。そのバラバラのやつも今回は見えなかったし。

「へ、充分だよ?あの子が見えたんだから。」

彼女があっけらかんと答える。

あの子、見ちゃいけないもんだったのか・・・orz

●関連記事
幼馴染は心霊がお好き
見える人と聞こえる人
後日談



稼げる男のセックステクニック

【幼馴染シリーズの最新記事】
posted by オカルト・都市伝説 at 17:00 | 幼馴染シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

普通の家族がいちばん怖い

学校であった怖い話

東京伝説(渇いた街の怖い話)

葬儀屋が教えるココだけの怖い話

怖い話はなぜモテる

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。