本−ナナシシリーズ

【関連記事】
ナナシ
落ちていくもの


目の合わない人形
サヨナラ
最後の夜
屋上にはナナシがいた

今日は、僕がナナシと体験したなかで1番気色悪かった話をしたいと思う。
幽霊とか死体とかそんなものより、僕はあの日のことが怖かった。


学生生活も残り半年あまりとなった頃。
その頃すでに僕らは進学組と就職組に別れ、それぞれの勉強を始めていた。
僕とナナシは進学組、アキヤマさんは意外にも就職組で、その頃は次第に疎遠になっていた。

「イイの見つけた」

その日、視聴覚室に篭って勉強をしていた僕に、青灰色のボロい本を携えたナナシがヘラヘラ笑って近付いてきた。
その本はどうやら図書館の寄附コーナーからナナシがパクってきたらしい。
僕らの地元にあるその図書館は、木々に囲まれた公園の端に建っており、なかなか貫禄がある。
また、よく寄附本が集まり、なかには黒魔術なんかの怪しい本も集まる。
ナナシいわく、その中にたまに『アタリ』があるそうだ。

「で、それはアタリなわけだ」

「アタリもアタリ、大アタリだ」

ナナシは笑った。
普段はお調子者でヘラヘラしててクラスの人気者なナナシだが、ある日を境目にオカルト好きな本性を見せるようになっていた。

「これ、革が違うんだよ」

ナナシが嬉々として本の表紙を摩った。
僕も触れてみたが、たしかに普通の本よりザラザラした革表紙だった。

「なんだよコレ?」

聞いてもナナシは答えなかった。
ヘラヘラ笑いながら革を撫でている。
そしておもむろに本を開くと

「さあ、始めようか」

と言った。
ナナシは僕にあの本を渡すと、視聴覚室の隅に立つよう命じた。
僕は今から何が起こるかもわからないまま、素直に隅に立った。
ナナシは本から切り取ったページを片手に、すごい早さで黒板いっぱいに文字を書き出した。
英語なのか漢字なのかわからないが、見たことのない文章や図がズラリと並ぶ様は相当薄気味悪い。
おまけにナナシは一言も喋ることなく、まさに一心不乱といった様子でカツカツと黒板にチョークを滑らせている。

「ナナシ、何だよこれ?」
ナナシは答えない。
やがて書き終えたのか、ナナシがこちらに向き直る。
その顔はいつものヘラヘラした笑顔だが、何かが違う気がした。

「それ、読んで」

ナナシが本を指差す。
雰囲気からして洋書かと思ったが、中は意外にも日本語で書かれたものだった。
なんと書かれていたかは今はもう覚えていないが、なんだか意味を成さないような不気味なものだったと思う。
それでも怖いもの見たさもあったのか、僕は書かれた文章を読み上げた。
そのとき、聞き慣れた声がした。

「あんたたち何してんの?」

窓枠に寄り掛かり僕らに声を掛けてきたのは、他ならぬアキヤマさんだった。

「面白そうじゃない、あたしも混ぜてよ」

窓枠に足をかけ、中に入ろうとする。
怪しい行為をしていた最中だったのでにちょっと僕もビビッたが、久しぶりにアキヤマさんと話せることが嬉しくて、僕はアキヤマさんに駆け寄った。
そのとき。

「アブないぞ、ソレ」

ナナシがアキヤマさんを指差した。
そのナナシの物言いにカチンと来た僕は、ナナシに抗議した。

「ソレってなんだよ、おま・・・」

「よく見ろよ、ソレはどっから来た?」

「どこって窓からに決まって・・・」

そこで、めちゃくちゃ遅ればせながら気付く。
ここは視聴覚室。
・・・3階だ。
『コレ』は、アキヤマさんじゃない。
そう気付いた瞬間、『ソレ』は酷く歪んだ笑顔で、体をクネクネさせながら僕に近付いてきた。
白目に赤い筋がたくさん浮かび、それでも口元は笑っている。

「うぁあぁあぁあ!!」

僕は無我夢中で『ソレ』を払いのけ、外に押し込み窓を閉めた。
途端、けたたましいくらいにガラスを叩く音がする。
・・・内側、から。

「ナナシ!!ナナシ!!」

僕は半狂乱になりながらナナシを呼んだ。
ナナシなら助けてくれる、と漠然に思った。
でも、ナナシは僕を見て笑っていた。

「ははははは!!最高だよお前!!」

僕は本気でナナシに殺意を抱いた。


気がついた時、僕は汗だくになって床にヘタリこんでいた。
ナナシが自分のTシャツで汚いものを拭くかのように僕の顔を拭っていた。

「結局、あの本は何だったんだよ」

叫び過ぎて掠れた声で僕はナナシに聞いた。
ナナシはヘラっと笑うと、

「降霊術みたいなもんさ」

と言った。

「会いたいものを呼び出せる呪文と方位がのってる。さすがに犬皮使ってる本だから、ヤバそうだとは思ったけど。いろんなヤバイモンが詰まってるよ、コレ」

ナナシは笑って言った。

「俺じゃなくて、本持ってたお前の会いたいやつが出て来たのは誤算だったな。まあ、中身は違うけど。お前、よっぽどアキヤマに会いたかったんだな」

ナナシはそう言うと、またヘラヘラ笑いながら本を抱えて歩いて行った。
ちょうど下校の鐘が鳴って、僕もナナシの後を追う。
前を歩くナナシの背中を見ながら僕は思った。

『いろんなヤバイモンが詰まってるよ、コレ』

『俺じゃなくて、本持ってたお前の会いたいやつが出て来たのは誤算だったな』

そこまでして、ナナシは一体なにを呼び出したかったんだろう?
その答えを知ることになるのは、もう少し先の話。

【関連記事】
ナナシ
落ちていくもの


目の合わない人形
サヨナラ
最後の夜
屋上にはナナシがいた



posted by オカルト・都市伝説 at 12:00 | ナナシシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

普通の家族がいちばん怖い

学校であった怖い話

東京伝説(渇いた街の怖い話)

葬儀屋が教えるココだけの怖い話

怖い話はなぜモテる

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。