藤原君、焦る−藤原君シリーズ

【関連記事】
藤原君
藤原君の嫉妬
藤原君、焦る
藤原君、一喝する
物怖じしない藤原君

藤原君はどう考えてもおかしい。そう気付いてから数ヶ月が過ぎたあるとき、俺は藤原君と藤原君の彼女のヒロミちゃんといっしょに、何故か心霊スポットに行くことになった。

その心霊スポットは名古屋のある小さな町の、名鉄病院の前にある小さなトンネルで、カナリやばいという噂がある。なんでもその病院に入院してた女の子が同室の患者に悪戯されて、ショックのあまりそのトンネルで自殺したんだそうな。そんでその子が死んだ場所には何故か赤いススキが生えているという。

目茶苦茶ありがちな怪談で、嘘か本当かなんてわからないしむしろ俺はタチの悪いただの噂だと思っていたが、赤いススキだの自殺した女の子だのは別としてそのトンネルでは実際に頻繁に事故が起きていた。こないだは確か中学生がはねられて死んでいる。それは紛れもない事実なのでやはり多少怖かったし、チキンな俺としてはできれば行きたくなかった。

しかしその噂を聞き付けた藤原君によって、俺はその噂のトンネルに行かなければならなくなった。断ればよいものを…と思われるだろうが、ヘタレな俺には断り切ることなどできなかったし、しかも今回は藤原君だけじゃなく藤原君の彼女のヒロミちゃんもいる。ここで断れば俺は明日学校いちの臆病者にされてしまうので、結局そのトンネルに行くハメになった。

かなり長い前置きになったが、その日の夜、取りあえず俺と藤原君とヒロミちゃんはトンネルに向かった。

トンネルはひどく暗く、証明の類いは何もなかった。苔なのか何なのか知らないがヌルヌルするものがあちこちにあり、かなり 気色悪い。

「めっちゃ不気味やなあ…なんか御誂え向き、ってカンジ?」

ヒロミちゃんの声がトンネル内に響く。二か月前に関西から転校してきたヒロミちゃんが藤原君とどうして付き合うまでに至ったかはよくわからないがさすが藤原君の彼女と言うべきか度胸は座ってるみたいで、先陣きってサクサク進んで行く。俺はというと、藤原君にしがみつきながらノロノロ歩いているだけだった。

「ここ、すごいね」

真中まで来た頃、藤原君が嫌なことを呟いた。

「なにが、とか聞かないほうがいい?」

「噂では女の子だったけど、ほかにもたくさんいるみたいだね」

藤原君は俺を無視して続ける。

「年寄りにガキにおっさんに…やたら古いのもいるな、あとは…」

藤原君の言葉に俺はガクブルしていた。そんなにいるなんて、やっぱり来なけりゃ良かったとひどく後悔した。

しかしそのとき、

「なあー、これちゃうんー?赤いススキー」

トンネルにヒロミちゃんの声が響く。懐中電灯だろうか、グルグルと光がこちらに向けられる。

「でかしたヒロ、見せてみろ!!!」

藤原君が嬉嬉として走って行く。俺も追いかける、が。

「あいだっ!!」

なにかにつまづいてすっころんだ。あっという間に藤原君達は闇に消え、俺は取り残された。不安になって半泣きになり、

「藤原君ー!!ヒロミちゃーん!!」

と何度も叫んだ。すると、

「こっちだよ」

女の子の声が後ろからした。

だが、まさかその声の主がヒロミちゃんだなんて俺は全く思わなかった。先に進んで行ったヒロミちゃんが、このわずかな隙に俺の後ろに回れるわけもない。



つまり、後ろにいるのは。



「うあぁあああ!!」

俺は絶叫して走った。振り返る勇気もない、ただ走るしかなかった。

「こっちだよ、ねえ、こっちだよ」

相変わらず声は聞こえてくる。しかも段々迫ってくるように感じた。



「 こ っ ち だ っ て ば あ !!! 」



ひどく掠れた声が耳元に鳴り響いた。

「藤原君藤原君藤原君藤原君!!!!」

俺は藤原君の名前を叫びながら走った。そんなに長いトンネルでもないのにひどく遠く感じた。

前のほうに藤原君とヒロミちゃんらしき影が見えて、更に走った。

「どこ行ったか思たら、何してんの」

ヒロミちゃんがキョトンとした顔で俺を見ていた。手には赤茶色のススキが握られている。

「ひひひひろみちゃんふ藤原君帰ろうよ」

俺は息切れしながら言った。しかしヒロミちゃんはゲラゲラ笑い出し、 「なんでよーまだ来たばっかりやん。やっとススキも見つけたんやで、ほら」

といった。しかし。

「…ヒロミ。佐倉。走れ」

藤原君がボソリと呟いた。差し込まれた月明りに照らされた横顔は、ひどく青ざめていた。

「ふ、藤原くん?」
「 い い か ら 走 れ !!!! 」

藤原君は怒鳴るなり俺とヒロミちゃんの手を引いて走り出した。藤原君の長い前髪から覗く瞳はひどくつり上がっていて、ものすごく焦っているのがわかった。あの藤原君が青ざめている。それは俺にとって背後の何か以上の恐怖だった。藤原君が怯えるほどの何かが、ここにはいる。それがすごく怖かった。

「もう…何なんよ、いきなり…」

ひたすら走ってトンネルを抜け、気がつくと病院の裏手に出ていた。ヒロミちゃんは未だに意味がわからないらしくキョトンとしている。

「久し振りに凄まじいのを見たよ」

息を切らしながら藤原君が言う。

「自殺した女の子なんて可愛らしいもんじゃないね。相当恨みが深いのか、ただ無邪気なだけなのか」
「無邪気…?」
「子どもだよ。5、6歳の子ども。最も顔半分は裂けてるし、可愛げなんか欠片もないけどね。キミが随分お気に入りだったみたいだよ」

藤原君がニタリと笑った。俺はひどくゾッとした。あの声が耳に蘇る。

「こっちだよ」

あの声に反応していたら今頃俺はいなかったかもしれない。そう思うと尚更恐怖を感じた。

「キミだけが連れてかれるならまだしも、あのままなら僕やヒロミも危なかったからね。ああ怖かった。」

藤原君はヤレヤレと言った様子で歩いて行った。僕も後に続く。

「なんか意味わからんわ。あたしだけハミーにされてるやん」

とヒロミちゃんは文句を言っていた。ある意味彼女が一番最強な気がした。

もし名古屋在住のオカ板住人がいたら、一度行ってみてほしい。

俺も藤原君も、責任は取れないが。

【関連記事】
藤原君
藤原君の嫉妬
藤原君、焦る
藤原君、一喝する
物怖じしない藤原君



posted by オカルト・都市伝説 at 12:00 | 藤原君シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

普通の家族がいちばん怖い

学校であった怖い話

東京伝説(渇いた街の怖い話)

葬儀屋が教えるココだけの怖い話

怖い話はなぜモテる

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。