出土品

763 :おいら ◆9rnB.qT3rc:2010/05/02(日) 16:42:56 ID:EgsXsJKE0
【出土品】
1/3
「お兄ちゃんの知り合いのあの子なあ、アレとはイマイチ合わん」
上野の飲み屋で、味噌鍋を二人でつつきながらヒレ酒を呑んでいたとき、急に広島弁の
ジイさんに言われた。最初、何を言っているのか判らなかった。

どうやら、最近ここに飲みに来るミカドさんのことを言ってるらしい。
この広島弁のジイさんは三船敏郎声のヒッピー崩れ。
「ごめんねバアさん」の時、空襲で死んだ女の子の憑き物を抜いて貰った恩人だ。
だが、ふざけているのかヒネくれているのか、自分の名前を絶対に明かさない。
店の大将も教えてもらえてないそうだ。そのくせ、お爺さんと呼ぶと怒る。始末に悪い。

一方ミカドさんは、変な踏切で助けた訳アリ女子大生だ。ここを彼女に紹介してから、
このジイさんとも何回か顔を合わせていたが、当の店の大将がそういった話をあまり
好まないので、お互いにオカルトな話題は振らせない様にしている。
彼女の『スタンド』と呼ばれる、大きな黒い口のワニの化け物の話題にも、今ひとつ振り
切れていない。そこのところは残念だ。

「あの子って、ミカドさんの事ですか?」
「帝?大仰な名前じゃのう」
「違いますよ。三門と書いてミカド。大仰でも何でもないでしょ」
「変わらん。空門、無相門、無願門で三門。三解脱門じゃ。知らんのか?」
…このジジイ、こういったことは変に詳しい。実際、何をしていた人だろう?
というか、その前にいい加減あんたの名前を教えろよ。話し難くて仕方ない。


764 :おいら ◆9rnB.qT3rc:2010/05/02(日) 16:43:45 ID:EgsXsJKE0
2/3
「何か理由でも?彼女、気に障るようなコト言ってましたっけ?」
「いんや。よう解らんが、コレが妙にイガイガしよる。それと爪先が痛い」
「それも、決まってあの子が来ているときだけよ。気味が悪い」
あの…その爪先が痛いってのは、痛風です。きっと。オカルトとは関係ありませんから。
と思っていると、ジジイがGジャンの上着のポケットから、何か取り出すのが見えた

ポケットから出されたソレ。ヒッピー崩れのジジイが持つには、不釣り合いなアクセサリ
だった。おい、いつも言ってる割には、ピースマークじゃないのかよ。ガッカリだ。

ブローチくらいの大きさか、象牙で出来ている様にも見えたソレは、何と言うか…
何かの爪が2つ、三日月のように連なって「C」の字を成していた。
ブーメラン?いや、何かの刃物を模している様にも見えるが…多分日本のものではない。
どことなくアジア系の意匠の浮き彫りには、全面に赤黒くスミ入れが成されている。
結構古いものかもしれない。

で、ミカドさんが近くにいるとイガイガ反応するわけですか、これが?
彼女の『スタンド』と関係があるのか?判らない。取り敢えず今は話題を戻そう。

どこで見つけたのかしつこく尋ねても「それは話したくない」と言って、ジジイはどこか
苦しそうに笑った。
これはジイさんの個人的なお守りなのだという。詳しい入手の経緯を聞きたかったが、
上手くはぐらかされる。

「ほんなら、少しだけ教えたる。コレは越南の土産じゃ」
「骨と一緒に出て来た。大勢の人の骨だ。その中にあった。ワシが掘った」
「この黒いのは人の血だ。洗っても取れん」
「…」
店の大将が、露骨に嫌な顔をしたのが横目に入ってきた。

765 :おいら ◆9rnB.qT3rc:2010/05/02(日) 16:44:21 ID:EgsXsJKE0
3/3
かの国で大勢の人が一時に死んだとなると、その原因はだいたい察しがつく。
ヒッピージジイでPieceと言えば…、
「ベトナム戦争ですね?その時の遺骨と一緒に出た…?」

ジイさんは眉を片方上げて、少しニヤリとした。ビンゴだ。
でも当時、その戦争に反対していたヒッピーが、何故現地に行っているのだろう?

その後、ジジイから引き出せたネタは、結局一つだけだった。
それもくだらないクイズ付き。しかもおいらが正解した訳ではない。

「教えてくださいよ。ベトナムの何処で出たんです?」
「ワシの口からは言えん。呪われとる、嫌な場所じゃ」

「その変わり、クイズを出しちゃる。当ててみい」
そう言って、横に置いていた店の味噌の容器を逆さにして、ドンとカウンターの上に
置いた。
「ほれ、読んでみ」
「はぁ…味噌の反対…醤油じゃなくて、塩でもなくて…、トンコツでもないよな」
「ばかもん。そのまんま読まんかい」
「味噌、噌味、ソミねぇ…ソミ…ソミ…うーむ」

ジイさんはマジにイラついていたのだろう。そこまで言っておいて、思わずその呪われて
いるという、嫌な場所の名前を、自ら言ってしまった。

あの有名な、虐殺のあった村の名前だった。
心を空っぽにすれば夢が叶う

パラドックス13
ブログパーツ


posted by オカルト・都市伝説 at 18:00 | おいら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

普通の家族がいちばん怖い

学校であった怖い話

東京伝説(渇いた街の怖い話)

葬儀屋が教えるココだけの怖い話

怖い話はなぜモテる