子猫の貰い手−神父の子シリーズ

【関連リンク】
親は恨んだりしない
死者の集合体
子猫の貰い手
暗示
「生」という社会通念


ある日のこと

「拾った子猫を飼ってもらえないか?」

と小学生くらいの女の子とその母親が来た。

商売柄?と言っていいのかわからないが教会にはこの手の相談がよく来る。残念ながら拾ってくる小動物全てを飼っていたら見事なワンニャンランドが出来上がってしまうので貰い手を一緒に探すのを手伝うという形で一時的に預かる感じにしていた。

命を大切にするのはとても大切なことだから親父も母も嫌な顔1つせずに里親探しを手伝った。俺はもっぱらインターネット部隊として里親探しを頑張った。

猫は去勢や予防接種なども里親がみつかる重要な部分でもあるので親父は貧乏だったが自腹を切って払う時もあった。

俺は早速、インターネットの里親募集に写真を載せた。親父と母親はいつものペットショップとパン屋さんに写真を張ってもらえるように頼みにいった。猫を拾った女の子は学校の帰りにいつも猫に会いに来ていた。子猫を中心としたあたたかい人情の輪のようなものを感じていた。

2週間ほどでインターネットで里親が見つかり、むこうから車で引き取りに着てくれることになった。おまけに予防接種や去勢はこちらで致します。と言ってくれてとても大助かりだった。正直、我が家はみなさんのお裾分けで食いつないでいるような貧乏な家だからだ。

子猫の受け渡しの日、親父はたまたま別の教会に出張に行ってしまっていた。俺と母と女の子で里親になってくれる山田さん(仮名)にあまった餌や匂いのついた毛布などを渡した。子猫がいなくなってほっとしたようなさみしいような夕食時に親父は帰ってきた。親父も子猫がいなくなったことを少し寂しいと感じているようだ。

その時、親父がケモノの匂いがするといって鼻をくんくんしながら部屋を徘徊した。その夜、親父が猫がいると言って家の中と外を探しはじめたがもちろんいなかった。

次の朝、親父が山田さん(仮名)に連絡を取ろうとしたが、置いていった連絡先はまったく関係のない電話番号だった。俺はインターネットで残っている情報から山田さん(仮名)に連絡が取れないか?と聞かれてあわてて連絡をくれるようにメールをしてみた。

次の日、メールの返事が来ていないことを親父に伝えると親父は肩を落としながらこう言った。

「あの子猫、ミキサーに入れられて死んだかもしれん。申し訳ないことをした。かわいそうなことをした。」


【関連リンク】
親は恨んだりしない
死者の集合体
子猫の貰い手
暗示
「生」という社会通念

子猫の貰い手-2chの怖い話・都市伝説のまとめ

posted by オカルト・都市伝説 at 12:00 | 神父の子シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

普通の家族がいちばん怖い

学校であった怖い話

東京伝説(渇いた街の怖い話)

葬儀屋が教えるココだけの怖い話

怖い話はなぜモテる

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。