暗示−神父の子シリーズ

【関連リンク】
親は恨んだりしない
死者の集合体
子猫の貰い手
暗示
「生」という社会通念


ある日のこと

教会の電話に面識のない中学生からの電話があったらしい。どうやら複数人のグループで電話をかけてきたらしく電話を受けた親父も内容の把握に困惑していた。

内容を簡潔に言えばエンジェル様を怒らせてしまったので謝り方を教えてほしい。との事。

さすがの親父もエンジェル様を怒らせた。の意味がわからなかったが、俺がこっくりさんの別名だと説明すると

「なるほどなるほど」

と電話全体の意味を理解したようで、次の日曜に説教もかねて子供達を教会に呼び出した。

多少の興味もあり日曜に俺も教会で待っていると、おどろいたことに先生と生徒4人の計5人でやってきた。正直、この手の話に大人が噛んでくるとは思わなかったので逆に先生に親父が怒られるのかも?と心配したがどうやらそうではないらしい。話を聞くと先生もエンジェル様の被害者だというのだ。

若い女性の先生と4人の女生徒。神妙な面持ちの先生を後ろに女生徒の一人がエンジェル様を怒らせた理由を話し始めた。

放課後、教室でエンジェル様を4人でしていたところ教室の見回りをしていた先生にみつかった。急いでエンジェル様にお帰り願って終了しようとしたがエンジェル様が思うように帰らない。しびれを切らした先生が強引に紙を奪って破いてエンジェル様を終了させてしまった。

それが1ヵ月ほど前の話でそれからずーっとエンジェル様の呪いに4人は悩まされているという。具体的には風邪で高熱を出したり、車に轢かれそうになったり、夜に謎の気配を感じたりと数え出したらきりがないほどの不幸な目にあっているそうだ。

親父はエンジェルは神の意思を伝える神の子供だから教会で心から謝れば必ず怒りは必ず収まると話した。

少し聖書を読んで聞かせた後、女生徒たちは神に懺悔してエンジェルの怒りから解放された。念のため、先生の連絡先だけを教えてもらって2時間ほどで帰っていった。

帰り際に女生徒たちは

「体が軽くなった!」

と1ヵ月におよぶ永い呪いからあっという間に開放された。

教会の日曜日は忙しい、今日は異例のお客様もあったことでかなり遅めの昼食になった。俺は親父に今日のエンジェル事件の真相を聞いてみた。答えはわかっていたが一応確認がしたかった。

答えは予想外のものだった。

「先生はかなりつらい状態だな・・・なんともならないかもしれない」

いったいあの先生になにが憑いているというのか?気になった俺は親父に詳しく聞いてみた。

親父いわく(キリスト教の考え方とは全く異質の考え方だが)霊というのは単体で動いていることはほとんどなく強い意志を持った霊を中心に無数の霊で構成されていることが多い。強い意志=霊長類なので動物霊や虫などの霊を単体で見ることはほとんどないのではないかと言っていた。

人間同士の霊がくっつく時は同じ意思を持った霊が合体することが多く、個人的な恨みを残して霊になったとしてもいくつも合体することで漠然とした恨みの塊になりいわゆる成仏への道が完全に絶たれてしまうわけらしい。(個々が原初の恨みを解消できない)脳を持たない霊魂は霊になってまで達成したかった目的をいつまでも記憶できないのでどうしても漠然とした悪霊になってしまう。

神父がいうのも変な話だがほとんどの人間は死んですぐにお経などを聞かせたりすることでこの世そのものとの未練を断ち成仏していくことが多いらしい。生前に死んだら無になる。死んだ人間はなにもできない。幽霊などいない。という考え方の人も幽霊になることは少ないと言っていた。

先生には1つの強力な悪霊がついている。その霊に吸い付けられる様に様々な人間や動物や謎なものの霊が集まっているのだという。その強力な悪霊は先生を不幸に貶めるだけの力も十分に持っていると親父は言っていた。

親父は後日、先生に電話で連絡して教会に遊びに来るように自然に呼びかけた。先生はやはりエンジェル様事件から身近にポルターガイスト現象のようなものが起こり始め悩んでいると打ち明けてくれた。それは前回、生徒たち来た後も変わらず続いているらしい。 一番相談したかったのは先生だったのだ。

親父は先生に

「この世に幽霊など存在しない」

と説教をはじめ、まさしくキリスト教の司祭としての説教を始めた。

これには正直、驚いた。親父の口から幽霊が存在しないなどという言葉は聞いたことがなかったからだ。

その後も先生は仕事終わりになんども教会に顔を出すようになり親父の説教を熱心に聞いていた。だがポルターガイスト現象は一向に収まらないと悲痛な面持ちで泣きながら話していた。

先生が通い始めて1ヵ月、シビれを切らした俺は親父になぜ先生を除霊してやらないのか聞いてみた。(わかりやすく伝えるために除霊と書きます)親父はやれやれといった顔をしながら

「先生に憑いているのは自分本人の生霊だ」

と答えた。

親父いわく生霊はもっともタチが悪く払うことはほぼ不可能。しかも自分自身の生霊をまとってしまうと最悪、自殺してしまうことが多いらしい。生霊も霊なのでほかの霊を吸収する。しかし原初の意思をいつまでも持ち続けることが多いので(意思の発信源が生存しているため)その霊の大きさ(物理的ではない)は死者の霊とは比べ物にならない。

先生は極度のマイナス思考、自虐体質、もしくは人に言えない悩みを抱えている、自分に嫌悪を抱いている可能性があるらしい。それがエンジェル様の呪いという暗示をきっかけに自らの力でポルターガイスト現象を引き起こしてしまっている。若い子供などに多い現象(自分の顔が嫌いだとかが原因)だが恋をしたりすることで改善するよくある現象だと教えられた。霊の存在は真実だがそれを誰もが認識する必要はないと言っていた。神父が説く「知らぬが仏」というやつである。

最後に親父は正直、先生を救うのは難しいかもしれない。と言った。

それから先生は何度も教会に足を運んでくれたがポルターガイストは収まることはなかった。

先生は病院で「重度の鬱病」と診断され学校をやめて実家の田舎で養生すると言ってそれきり来なくなった。何度か手紙が来たがポルターガイスト現象は実家でも起こると書いてあった。

その後、音信不通になってわずか半年で先生は自殺してしまった。自殺した場所は勤務していた中学校。都会で教師になることに憧れて夢が叶ったのに田舎に帰ったのがさらに追い詰めてしまったのだろうか?と俺は想像したが時すでに遅し。

自殺の一報を聞いた親父は自分の無力さに朝の懺悔を昼までしていた。


【関連リンク】
親は恨んだりしない
死者の集合体
子猫の貰い手
暗示
「生」という社会通念

暗示-2chの怖い話・都市伝説のまとめ

posted by オカルト・都市伝説 at 14:00 | 神父の子シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

普通の家族がいちばん怖い

学校であった怖い話

東京伝説(渇いた街の怖い話)

葬儀屋が教えるココだけの怖い話

怖い話はなぜモテる

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。