運び物−ホストシリーズ

【関連記事】
運び物
小人
迷子
四角い部屋
こっくりさん



こんばんわ。良く拝覧させていただいています。
僕も怖い体験談がいくつかあります。その一つを投稿させて下さい。
先に言いますが全て妄想ですw地名とか出ていますがフィクションですw
特定とか怖いので勘弁してくださいw

僕が学生の時の話です。
当時僕は女性のお客様を相手にするアルバイトをしていました。
正直、最初の三カ月ほどは割に合わないもの(月10万の固定給で雑用もやらされる)
でしたが、ランクが上がり、お客さんの指名がもらえると
軌道に乗り一気に楽になります。
某店みたいな永久指名とかわけの分からん制度もありませんでしたw
ある夏の日、「急遽店の改修のためスタッフは休み、キャストは他店ヘルプ」
というそっけないメールを店長から貰いました。
他店は知りませんが、僕のバイトしていた店は、
基本的には全員で店を回していたので、呼び名で一軍二軍選手を分けていました。
完全なスタッフ要員とヘルプとか雑用とかの間接的に売上に貢献しているのを総称してスタッフ、
売上に直接貢献していていてさらに売上トップ5人がキャストです。
間接工、直接工みたいな感じでしょうかw
もっと簡単に言うと、スタッフはバイト、キャストはプロみたいなわけ方です。
メールを貰った時、正直、急すぎだろ、
と思いましたがなにぶん水商売と言うくらいですから、
色々しがらみやらなにやらあるのでしょう。
聞いたらいけないようなこともあるのでしょう。
しかし、コツみたいなもの、ある程度の太い客を掴みかけていた僕はここが
踏ん張り時でもあり、かつ仕事(?)が慣れてきた時なので
がっかりしていたのを思い出します。
生活がバイトメインになっていた僕は急に数日間ヒマになりました。
もちろんメールで馴染みの方々に店が休みの旨を送る等のことをしますが、
やることがなくなりました。
私大文系の大学生の生活などこんなものです。
休み三日目のある日、バイトを斡旋してくれた先輩からメールが届きました。

「お前ヒマだろ? バイトやるから●●に集合。一時間以内に来いよ」

続きを読む
posted by オカルト・都市伝説 at 10:11 | ホストシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小人−ホストシリーズ

【関連記事】
運び物
小人
迷子
四角い部屋
こっくりさん



こんばんは。
先に言いますが全て妄想ですwフィクションですw
特定とか怖いので勘弁してくださいw


学生時代、バイトでとある接客業をしてました。
バイトに入って二ヶ月ほど経った時に失敗しました。
ナンバー5のキャストのお客様に気に入られて
その方の知人・友人から指名が入るようになったんです。
だけど、そのナンバー5さんは自分の指名を横取りされたと思ったようです。

彼のマンションに呼び出されました。
中にいたのはナンバー5さんと二人の男、あと女が一人いました。
正座→土下座→説教→暴行→土下座の順で3時間ほどその部屋にいました。
説教の時にやたらと、筋を通せ、みたいな事を言われました。

暴行のターンの時、ナンバー5さんはニヤニヤ見ていましたが、
2,3発殴ったら、女の人と共に寝室に行ってしまいました。
ちょw何でカンケーない人に殴られなアカンのw
てか、何でナンバー5さん飽きてんのよw
飽きるならやるなよwいったw


続きを読む
posted by オカルト・都市伝説 at 10:39 | ホストシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

迷子−ホストシリーズ

【関連記事】
運び物
小人
迷子
四角い部屋
こっくりさん



こんばんは。連日すいません。
会社おやすみなんで、調子に乗ってもう一個行きます。
先に言いますが全て妄想ですwフィクションですw
特定とか怖いので勘弁してくださいw


先輩と車で旅行に行った話をします。
僕にバイトを斡旋してくれた先輩と夏休み旅行に行きました。
当時、念願のクルマをゲットした僕はドライブに行きたくてしょうがありませんでした。
じゃあ俺の実家行くか?と言った先輩に僕は二つ返事で飛びつきました。

道中は特に何もなかったです。
ただ、移動距離が飛行機クラスでした。
高速を使ったのに夜の11時に出発して、着いたのが朝の九時ごろ。
もうアホかと。
 
着いて一番ビックリしたことは先輩のご実家です。
ご実家は、すごく、大きかったです。
塀が長い。門が大きい。車がメルセデス。犬も大きい。
玄関広い。俺の部屋と同じくらい。廊下なが。何この壷。

こりゃあ親父さん相当悪いことしてるんだなあ、と本気で思いました。
親父さん、なんとお医者さんでした。
正直、悪徳政治家と裏で繋がってる土建屋かパチンコ屋とかそんな感じか、
まんま本職の人でも驚かなかったのに、まさかのドクター。
しかもこんなにでかい家なのに、分家だ、と。
医者になったのはおじいさんの代からだそうで、本家はもっと歴史のあるところだと。
分家、本家とか良く分かんないですけどねw
その本家は日本海側の県で神社の神主さんでしたが、その話は後日。

続きを読む
posted by オカルト・都市伝説 at 10:42 | ホストシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

普通の家族がいちばん怖い

学校であった怖い話

東京伝説(渇いた街の怖い話)

葬儀屋が教えるココだけの怖い話

怖い話はなぜモテる

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。