暗示−神父の子シリーズ

【関連リンク】
親は恨んだりしない
死者の集合体
子猫の貰い手
暗示
「生」という社会通念


ある日のこと

教会の電話に面識のない中学生からの電話があったらしい。どうやら複数人のグループで電話をかけてきたらしく電話を受けた親父も内容の把握に困惑していた。

内容を簡潔に言えばエンジェル様を怒らせてしまったので謝り方を教えてほしい。との事。

さすがの親父もエンジェル様を怒らせた。の意味がわからなかったが、俺がこっくりさんの別名だと説明すると

「なるほどなるほど」

と電話全体の意味を理解したようで、次の日曜に説教もかねて子供達を教会に呼び出した。

多少の興味もあり日曜に俺も教会で待っていると、おどろいたことに先生と生徒4人の計5人でやってきた。正直、この手の話に大人が噛んでくるとは思わなかったので逆に先生に親父が怒られるのかも?と心配したがどうやらそうではないらしい。話を聞くと先生もエンジェル様の被害者だというのだ。

続きを読む
posted by オカルト・都市伝説 at 14:00 | 神父の子シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「生」という社会通念−神父の子シリーズ

【関連リンク】
親は恨んだりしない
死者の集合体
子猫の貰い手
暗示
「生」という社会通念


ある日のこと

教会に来る信者さんでホームヘルパーの仕事をしている田中さん(男・仮名)に一緒に行ってほしい家があると頼まれた。老人の一人暮らしなのだがどうにも薄気味悪く、一人だと神経がまいってしまうらしい。

親父に一応相談すると

「行ってあげなさい。」

と言われたのでお礼のガストでステーキに釣られて手伝いに行った。

ご老人は80歳くらいのおじいさんで古い県営の住宅の4階に一人で暮らしていた。(表記は501号室)田中さんの話ではもう県営マンションができた時からここで暮らしているらしい。

県営マンションのほとんどは空き家。正面に同じくらいの大きさのキレイなマンションが建っているとこを見ると順番に取り壊して新しいのを建てる計画があるのだろうと、なにもしらない俺でも想像できた。

続きを読む
posted by オカルト・都市伝説 at 16:00 | 神父の子シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

普通の家族がいちばん怖い

学校であった怖い話

東京伝説(渇いた街の怖い話)

葬儀屋が教えるココだけの怖い話

怖い話はなぜモテる

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。