オノツミバコ

735 :本当にあった怖い名無し :sage :2005/09/25(日) 19:53:14 (p)ID:4wsdsp+v0(2)
話ぶった切ってスマンチト質問
コトリバコってのは正式名称ですか?



736 :本当にあった怖い名無し :sage :2005/09/25(日) 22:29:08 ID:iuHL08Te0
>>735
不明。多分違うと思う。
そもそも子取り箱の起源は小箱氏もMも分かっていなかったはず。
初期のログにしっかり起源についてきいてるし

739 :本当にあった怖い名無し :sage :2005/09/25(日) 23:38:48 (p)ID:4wsdsp+v0(2)

>>736
そうか?クス
今まで色々漁ってたんだがウチの母方の実家にも箱がある。
ログにあるような持ち回りとかそんな事はしてないと思うが気になったんでな。

ただお祀りはしてあってばあちゃんは「オノツミバコ」って呼んでた
ガキの頃、倉の中にあったそれにさわって無茶苦茶怒られ名前を変えないといけないとかって騒ぎになった。
まあ結局変えてないんだが、代わりに振り袖着せられてその箱の前でお手玉させられた。
で、ばあちゃんが妙な節の歌というか念仏みたいなのを歌ってた
そんな事を思い出しただけ。変な質問スマソ


続きを読む
posted by オカルト・都市伝説 at 00:39 | ことりばこ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハコがある

741 名前:本当にあった怖い名無し :2005/09/26(月) 02:12:18 ID:r+vPBoPF0
中国地方ってのはこういうことしてるところがやっぱりたくさんあるのかね。
うちの実家にもハコがあるよ


うちの実家はL字型になってるんだけどそこのどんずまりの部屋の奥にもう一つ
扉があってね。ずっと鍵がかかっていて誰も開けたことはないんだけど、おじさん達
がいうには「ハコがある」とゆうておりました
じじばばもなくなり、長男も他に家を建てたので誰も住んではいないのだが、解体は
しないのかと聞くと「あの部屋を壊すことは出来ない」と親戚達が口を揃えるため
放置されてる。
数年前巨大台風が来た時に実家の縁側とか吹き飛んだのだが、親戚達が電話で
「ハコは!あの部屋は壊れなかったのか!」と叫んでいたのは覚えている


758 名前:741 :2005/09/26(月) 22:12:30 ID:r+vPBoPF0
おまいらが怖いこと言うから気になって親父に聞いてみたよ
とはいえ親父もよくしらないらしい
親父は三男で末っ子なので産まれたときから適当に育てられたらしく
そういう話はあまりされてないそうな。事実高校卒業と同時に家を出たの
で実家にいたのは18年程度でしかないし。
父が言うにはあの部屋の鍵は代々跡取りが持ってるので、多分兄貴が持ってる
んちゃうか、と。前じいさんが持ってたのは見たし、とのこと。
で、あの中には何があるのよ、と聞いたのだが本気であまり知らない
ようだった。
ただ父が想像しているものについては教えてくれた。本当かどうかは知らない。
父はその箱を使ったことがないし、使う気もないそうだ。
俺も使う気はないが使う奴がいたらどうするんだろうと思った。だから長男しか
鍵持ってないんだろうなと。
ちなみに長男はすでにぼけており、跡取りはおらんのであの部屋の管理はどうするんだろか


続きを読む
posted by オカルト・都市伝説 at 00:43 | ことりばこ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナナギ

515 :本当にあった怖い名無し :sage :2005/09/18(日) 17:12:56 ID:JrpIZpVi0
洒落こわからコピペ
536 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2005/09/18(日) 15:14:18 ID:t9NAXX2F0
すいません、怖くて昼間なのに寒いし泣きそうです。

信じてもらえないと思いますが、思い出したことを書かさせていただきます。

そうしないと不安で泣きそうだ



とある所でコトリバコの話を見つけて検索して読んできたのですが、

途中から気持ち悪くなったり泣きタックなったりもどしたりで最後まで読めませんでした
吐いてる途中になんか頭の中にうちにある蔵が出てきてぼんやりと思い出した

昔子供のころ母が育てていた花をボールでぐちゃぐちゃにしてしまい蔵に閉じ込められたことがある。
田舎はそうなんだけど、つっかえ棒で出れないようにするんだ。
それで中は真っ暗で怖くて泣きまくってなんていうか黒いのが体に染み込んでくる感じがした。
それで泣きまくってる時に箱を見つけたんだよ。

今思えば真っ暗で窓一つ無いのに何で見つかったのか分からない。
ただその箱は真後ろにあったんだ。

それで何でか知らないけどそれをあけてみようとして触ったら

(正確には覚えてないけど触ってないかもしれない)
つっかえ棒が外れる音がしてお婆ちゃんが入ってきた。

大丈夫だよって何回も言っていて二人で外に出た。

おばあちゃんは大丈夫だよって何回もゆっくり背中撫でてくれた。
物凄い量を戻したと思う。大人になってもあんな量出なかった。
お婆ちゃんはずっと大丈夫って言ってた。

それで、トイレで吐いてるときにこのこと思い出して

ふらふらしながらパソコンの前に戻ったんだけど
その箱が頭の中でぐるぐるまわってんの。
黒い点々が無数に付いてたなとか。

思い出してまた吐いたんだけどそれ点々じゃなくてお経なんだ多分。
漢字が無数に書いてあって読めなかった。

暗闇のときにしか箱は見てないのに何で覚えてるのか分からないんだよ。
これって大丈夫?お婆ちゃんはあのこと何も言わない。
蔵側に寝てるから怖くてたまらない。


続きを読む
posted by オカルト・都市伝説 at 00:46 | ことりばこ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

普通の家族がいちばん怖い

学校であった怖い話

東京伝説(渇いた街の怖い話)

葬儀屋が教えるココだけの怖い話

怖い話はなぜモテる

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。