印−巣くうものシリーズ

●関連する話
巣くうもの
呪いの部屋
原発並み

指輪
融合体
呪いのコンパクト
模倣


686 前々スレ128 sage New! 2009/04/21(火) 00:09:11 ID:fITPiIyk0
スレ208で、井戸の底のミニハウスと女友達Bに住み着いてるモノの
話を書いたものです。
以下、前スレと同じく状況説明(再度、前スレのコピペで失礼)。

・「みえるひと」な女友達Aの言では、Bの身体を出入りしている何か
 普通の霊と違うものがいる(寄生虫?居候?みたいな状態らしい)。
・B本人は気づいてないが、霊的なものは大抵それを避けるから、Bは心霊体験できない。
・とりあえず当時のAが知る限り、ソレはBを守っていた。
・ でもAが感じる気配では、とても善意の守護ではない。っていうか悪い感じらしい。
・ 強力な霊とBのナニかが戦うときにはB当人は爆睡するっぽい←Aの推測

AがB宅を訪問した時のことを、もう1つ話してくれた。
そっちは上手くまとめ切れなかったのもあり、時間がかかってしまった。
こっちも後味悪い話なんで、俺としては誰かにブチまけてスッキリしたい。
すまないが、お付き合い願います。

Aが友人Fと共にB宅を訪問した際、踏み切りではねられた子供の話が出たことは
先に書いた通り。
その原因は知らぬが花で、Bは切なそうにため息をついたそうです。
「辛いよね、小さな子供の不幸って。親御さんは死ぬほど辛いだろうね。私だって、
 この子が大人にもならない内に先にいっちゃったりしたら、どうなるか解らない」
 だよね、とFと頷きあったBは、ふと思い出したように、
「小学生の頃に同級生に不幸があってね、その子のお母さん半狂乱でさ。
 お葬式に行ったんだけど、近寄ったら凄い目で睨まれて、
 お前が死ねばよかった、何でうちの子がって怒鳴られて怖かった。
 でも、今なら少し解る気がするなあ」
しんみり言ったBは、その時の思い出話をしてくれたそうです。
Bの10年以上前の思い出話 + 俺はAからの又聞き + 少しフェイクで
解りづらいけど、その話は以下の通り。

続きを読む
posted by オカルト・都市伝説 at 14:41 | 巣くうものシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

指輪−巣くうものシリーズ

●関連する話
巣くうもの
呪いの部屋
原発並み

指輪
融合体
呪いのコンパクト
模倣


588 スレ208の128 sage 2009/05/05(火) 22:23:28 ID:+2c9Ghac0
スレ208で、井戸の底のミニハウスと女友達Bに住み着いてるモノの
話を書いたものです。
まとめサイトに載せて貰った様なので、説明を省きます。

実は学生時代の話はもう一つあり、それについて最近わかったことがあって
話がまとまったんで、投下させて下さい。
こっちは井戸の一件同様、俺の直接体験が入って来ます。

Bの学生時代の元彼Eの話は前に書いた。
Eは俺らの遊び仲間じゃなかったんで、井戸の一件には絡んでない。
Bとは卒業直前あたりで就職のことで行き違って別れたと聞いてる。
ひょっとしたら今も、Bを出入りしてるものの存在は知らないかもしれない。

学生時代、Eから貰った指輪をBが仲間内で披露してたことがあった。
金銀組み合わせの指輪で、仲間内の女子の言では結構いいものらしかったが、
Aが凄い微妙な様子だった。
井戸の一件の後だったので、俺は後でこそっと「あの指輪なんかある?」と
Aに聞きました。
「……うん……まずいかも。でも、どうしよう。俺くん、お祓いできる人とか
 知らないよね?」
俺はAの他に「みえるひと」の本物は1人も知らなかったので、そう言うと、
Aは閉口した様子で。
Aは、自分がみえるひとだが、経験則で危ないものを避けてきただけで、
霊能者などの知り合いはいないらしいです。
「……それに、Bも貸してくれないよね……お祓いとかするところに
 B本人連れて行ったら、まずBのアレと揉めるかもしれないし……」
かと言って、指輪が霊的に危ないなどといったら、Bのことだから
それこそ面白がって肌身離さず持ち歩くのが、俺にも想像できた。
「……ま、Bはアレがいるから大丈夫なんじゃん?」
と俺は言ったが、Aは複雑な顔で「ん……ていうか……ちょっとね……」と
言い、それで会話は終わりました。

続きを読む
posted by オカルト・都市伝説 at 14:43 | 巣くうものシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

融合体−巣くうものシリーズ

●関連する話
巣くうもの
呪いの部屋
原発並み

指輪
融合体
呪いのコンパクト
模倣


465 :本スレ208の128:2009/10/05(月) 22:53:59 ID:XpTpgJW.0
スレ208の128です。
誘導されたんで、ここに。

洒落コワ本スレで書いた女友達Bの件について、一応もう一度説明を書きます。
・「みえるひと」な女友達Aの言では、Bの身体を出入りしている何か
 普通の霊と違うものがいる(寄生虫?居候?みたいな状態らしい)。
・B本人は気づいてないが、霊的なものは大抵それを避けるから、Bは心霊体験できない。
・とりあえず当時のAが知る限り、ソレはBを守っていた。
・でもAが感じる気配では、とても善意の守護ではない。っていうか悪い感じらしい。
・強力な霊とBのナニかが戦うときにはB当人は爆睡するっぽい←Aの推測

……8月に物凄いことがあったんで、纏めました。
以下、フェイク込みなんで辻褄が怪しいところもありますが、どうぞ。

最初の井戸の話のときに書いた大学時代の仲間内の男子C、こいつから連絡があった。
Bが最近、時間が出来たのか懐かしくなったのか知らんが、
昔の友人にちょこちょこ連絡しててCも電話で話したそうだった。

……んで。
Bと話して昔の井戸の一件を思い出して、職場でネタにして喋ったそうです。
そしたら職場の女の子に呼び出され、その子の知人の男(20代後半、俺らと同年代)に
会ったと。そいつの用件を纏めると、
「ヤバいものに憑かれてる知人が居る、坊さんも神主も霊能者もダメだった、
そのBさんの力を借りたい。連絡を取って欲しい、詳しく教えて欲しい」
Cは井戸の一件しか知らない、つまりBの「ソレ」に守られた記憶しかないので、
気軽に受けあい、ついでに他にも良く知ってる奴が居ると俺とAを推薦したそうです。

俺とAは話し合って、二人つれだってCとその男(Hとします)に会った。
指輪の件、白い着物の件、B宅の件を一通り説明し、BについてるものはB当人にも
他の人間にも制御できず、また悪霊や呪いの類は「跳ね返す」だけで祓ってくれない、
周囲に被害が出るからやめておけと告げた。
どうやらHも「みえるひと」らしく、AがB(幼少時 with白い着物)の写真を見せたら、
即座にハッキリと表情が固まった。
「………凄いね、これ。この子マジ生きてるの?今も?こっちのナニ、山神様とか?
こんなんに狙われても大丈夫なワケ?これなら、本気でいけるかも」
Hは本気になったようで、俺らがやめろと言うのにはとりあわず、
しきりにBについてる「アレ」について尋ねてきました。
Aは躊躇いつつも、他の「みえるひと」の意見を聞いてみたかったようで、
さらにざっと説明をしていた。
みえない俺には良く判らん感覚的な言葉が多く、
「硬さは?こう、バキンていきそうな」
「そうじゃないし、寒いとかスレてる(?ずれてる?)とかもなくて。
ただこう、ぞわっとするだけで、そこにあるのに何で?みたいな変な印象の」
「え、本当に?じゃあザリザリ擦ってるみたいな感じはある?」
「それもないです。するんとして、侵食もしないしできないし」
こんな感じの意味不明なやり取りの末に、Hは
「……俺も全く見当がつかない」と首を捻っていました。
その後はもう一度、「本当に止めた方がいい」と俺とAから念押ししてお開きにしました。

続きを読む
posted by オカルト・都市伝説 at 14:45 | 巣くうものシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

普通の家族がいちばん怖い

学校であった怖い話

東京伝説(渇いた街の怖い話)

葬儀屋が教えるココだけの怖い話

怖い話はなぜモテる

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。