婆さんを捜して

608 本当にあった怖い名無し sage 2010/03/05(金) 04:28:12 ID:xfptnP3/0
1/11
あれは俺が中学生の頃だったからもう15年も前の話だ。
今夜はまた田舎での恐怖体験の話をしようと思う。

俺の田舎には山がある。平野の真ん中にポツンと出来た山だ。
大きさはまぁまぁで、そこは昔から様々な怪奇現象が起こる事
で地元では有名なスポットだった。山頂には戦国時代の城跡や
墓地があり、昼間は観光客等も来るが夜は誰も近づかない。

俺が中学に上がった頃、例のご意見番の婆さんが倒れ、山の麓
の病院に入院した。婆さんに身寄りは無い。以前は息子がいた
そうだが、若い頃に病気で亡くなったそうだ。婆さんの事を煙
たがってる村人もいたが、ウチは世話になったのでよく家族で
見舞いに行った。

見舞いに行くと婆さんは余程嬉しかったのか、皺くちゃな顔を
丸くしてニッコリと笑って喜んだ。婆さんはかりん糖が好きな
のだが総入れ歯なのでハンマーで砕いてあげては、よく食べさ
せた。そんな状態が1年ほど続いたある日、事件は起こった。

婆さんがいなくなった。元々、認知症のケがあったのだがこの
頃にはだいぶ酷くなっていた。病院や村は大騒ぎで、みんなで
手分けして捜索に当たった。ウチも俺と親父が参加した。病院
の話では、恐らく山頂へ向かったのではないかという話だった。

前にも脱走したことがあり、看護婦も手を焼いているという事
だった。俺と親父は懐中電灯を片手に後を追った。


続きを読む
posted by オカルト・都市伝説 at 00:00 | 天狗男 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地獄への門

640 :天狗男 ◆JP.Ba21tS.:2010/03/06(土) 04:19:41 ID:arBuB0Pc0
1/6
どうも。
今回からこちらに書きます。コテも天狗男にしました。

あれは俺が中学生になったばかりだから、もう15年も前になるかな。
前回の鎧武者の亡霊事件の半年くらい前の話だ。

その日、俺は親父の運転する車で山道を走っていた。お袋も一緒だ。
後にもう2台、母方の婆さん一家(以前書いた蚕屋敷の家族)と叔母
さんの一家が一緒だ。目的地は叔母の旦那さんの実家で呆れるほど
山奥にある村だ。季節は真夏でちょうどお盆の直前だった。

その村へ行くのはこれで2回目。以前訪れた時は幼少の頃で、道は
舗装もされておらず、長時間ガタガタと砂利道を進んだ記憶がある。

「いつの間にか舗装されてたんだな・・・」

とは言え市街地からすでに3時間は山道を走っている。俺は退屈で
時折、あくびをしながら外の風景を眺めていた。と、1台の対向車
とすれ違った。自衛隊のトラックだった。ん?こんな山奥になんで
自衛隊がいるんだ?俺は不審に思ったが、そんなことはすぐに忘れ
早く着かないかなと考えていた。

時計を見ると午後4時半。すでに日は傾き、山に影を落としている。
ふと窓の外を見ると山の向こうに飛行機が見えた。へぇ〜こんな山
奥の上を飛んでる飛行機があるんだなとあまり深く考えずにボーッ
と見ていた。ほどなくして親父は車を止めた。そこは寂れた定食屋
のようだった。後の2台も続いて止まった。


続きを読む
posted by オカルト・都市伝説 at 00:00 | 天狗男 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネガティブの塊

674 :天狗男 ◆JP.Ba21tS.:2010/03/10(水) 06:06:16 ID:.y8DnQxs0
1/8
あれは俺が専門学校生の頃だったからもう10年近く前になるかな。
その頃にインターネットを通じて巻き込まれた恐怖体験を書いてみる。

当時俺は「チャット」にハマッていた。PCで文字を打ち会話するあれだ。
俺はゲームが好きなのでFF好きが集まるチャット部屋に入り浸っていた。
部屋主の名前は「マサ」。気さくで面倒見がよく皆に慕われていた。俺は
学校が終わり、用を済ますと毎日そこで色々な会話を楽しんでいた。

常連は10人程度。オフ会も何度もやっており俺もよく参加していた。ある
日、俺はいつものようにチャットに入室すると皆の様子がおかしい。俺は
不審に思いながらも挨拶をすると参加者名を見た。すると1人の新規さん
がいるようだ。ハンドル名は「魚女」。

変な名前だなと思いつつ「はつよろ〜」と入力していたら「寒い」と言い
その魚女は落ちていった。何が寒いんだ?俺の挨拶か?と思っていると皆
がその魚女について話し始めた。皆の会話を読んでいると、どうもすごく
ネガティブな感じの女らしい。

メンバーがFFの話を振っても「友達がいない」とか「人は信用できない」等
の発言を繰り返していたらしい。常連は皆、大人なので気を使って色々と
話しかけていたようだ。俺はフ〜ンと軽く聞き流すとFFの話題で彼女の
ことなどすぐに忘れた。

翌日、夜になりいつものようにFF部屋に入ると例の魚女がいた。


続きを読む
posted by オカルト・都市伝説 at 00:00 | 天狗男 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

普通の家族がいちばん怖い

学校であった怖い話

東京伝説(渇いた街の怖い話)

葬儀屋が教えるココだけの怖い話

怖い話はなぜモテる

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。