女の行動の真意

745 :天狗男 ◆JP.Ba21tS.:2010/03/16(火) 00:10:13 ID:pA5vTJvk0
1/9
あれは俺が事故で入院した頃だからもう10年も前の話だ。
今日はその時入院した病院での恐怖体験を書いてみる。

俺は病院が嫌いだ。今思い出しても鳥肌が立つ、忌々しい体験だ。

高校を卒業した俺は地元の専門学校に入った。しかし入学式から
1ヵ月くらいした頃、俺は車に撥ねられ右足を骨折。全治3ヵ月
で事故現場近くの病院に入院することになった。そこはいわゆる
「出る」 ことで地元では有名な病院だった。

「なんでよりにもよってこの病院なんだよ・・・」

俺は全力で落ち込んだ。俺を撥ねた会社員さんが毎日仕事帰りに
お見舞いに寄ってくれたが、元気のない俺を見てさぞかし心を痛
めたことだろう。いや違うんだ、骨折で落ちこんだんじゃあない。
この病院に入院しちまったことが悲しいんだ。

病院は後は山、前は川という立地だ。裏山には古びた墓地があり、
周りは鬱蒼とした森に囲まれていた。病院に入るには細い石橋を
渡ってこなければならず、その橋の手前には、センターラインの
消えかかった暗いトンネルがある。そのトンネルも出ると噂され
ている。

事故直後、救急車で運ばれた俺は入口から入る時、たくさんの窓
から青白いの顔が覗いているのが見えた。もちろん生きてない人
の顔だ。台車に寝かされカラカラと手術室に向かう途中、ぼんやり見
ている天井から、数本の足がブラブラとぶら下がっている。


続きを読む
posted by オカルト・都市伝説 at 00:00 | 天狗男 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

普通の家族がいちばん怖い

学校であった怖い話

東京伝説(渇いた街の怖い話)

葬儀屋が教えるココだけの怖い話

怖い話はなぜモテる

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。