出土品

763 :おいら ◆9rnB.qT3rc:2010/05/02(日) 16:42:56 ID:EgsXsJKE0
【出土品】
1/3
「お兄ちゃんの知り合いのあの子なあ、アレとはイマイチ合わん」
上野の飲み屋で、味噌鍋を二人でつつきながらヒレ酒を呑んでいたとき、急に広島弁の
ジイさんに言われた。最初、何を言っているのか判らなかった。

どうやら、最近ここに飲みに来るミカドさんのことを言ってるらしい。
この広島弁のジイさんは三船敏郎声のヒッピー崩れ。
「ごめんねバアさん」の時、空襲で死んだ女の子の憑き物を抜いて貰った恩人だ。
だが、ふざけているのかヒネくれているのか、自分の名前を絶対に明かさない。
店の大将も教えてもらえてないそうだ。そのくせ、お爺さんと呼ぶと怒る。始末に悪い。

一方ミカドさんは、変な踏切で助けた訳アリ女子大生だ。ここを彼女に紹介してから、
このジイさんとも何回か顔を合わせていたが、当の店の大将がそういった話をあまり
好まないので、お互いにオカルトな話題は振らせない様にしている。
彼女の『スタンド』と呼ばれる、大きな黒い口のワニの化け物の話題にも、今ひとつ振り
切れていない。そこのところは残念だ。

「あの子って、ミカドさんの事ですか?」
「帝?大仰な名前じゃのう」
「違いますよ。三門と書いてミカド。大仰でも何でもないでしょ」
「変わらん。空門、無相門、無願門で三門。三解脱門じゃ。知らんのか?」
…このジジイ、こういったことは変に詳しい。実際、何をしていた人だろう?
というか、その前にいい加減あんたの名前を教えろよ。話し難くて仕方ない。


続きを読む
posted by オカルト・都市伝説 at 18:00 | おいら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

普通の家族がいちばん怖い

学校であった怖い話

東京伝説(渇いた街の怖い話)

葬儀屋が教えるココだけの怖い話

怖い話はなぜモテる

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。