姦姦蛇螺

小中学の頃は田舎もんで世間知らずで、特に仲の良かったA、Bと三人で毎日バカやって荒れた生活してたんだわ。


オレとAは家族にもまるっきり見放されてたんだが、Bはお母さんだけは必ず構ってくれてた。あくまで厳しい態度でだけど、何だかんだ言ってBのためにいろいろと動いてくれてた。

そのB母子が中三のある時、かなりキツい喧嘩になった。内容は言わなかったが、精神的にお母さんを痛め付けたらしい。

お母さんをズタボロに傷つけてたら、親父が帰ってきた。一目で状況を察した親父はBを無視して黙ったまんまお母さんに近づいていった。
服とか髪とかボロボロなうえに、死んだ魚みたいな目で床を茫然と見つめてるお母さんを見て、親父はBに話した。

B父「お前、ここまで人を踏み躙れるような人間になっちまったんだな。母さんがどれだけお前を想ってるか、なんでわからないんだ。」
親父はBを見ず、お母さんを抱き締めながら話してたそうだ。
B「うるせえよ。てめえは殺してやろうか?あ?」
Bは全く話を聞く気がなかった。


続きを読む
posted by オカルト・都市伝説 at 00:00 | 管理人オススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

変な日記拾った

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/14(金) 19:07:17.41 ID:hx89o7h9O
ガチで気味悪い…

20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/14(金) 19:21:05.13 ID:hx89o7h9O
なんか、こくごの学習ノート?みたいなのに日記かいてある!
いろんなノートの破れたページが挟まってる


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/14(金) 19:33:52.93 ID:hx89o7h9O
なんか、こくごのノート自体には普通に日記が書いてある。長い!
でも、内容がおかしい…
【7月2日。暑い暑い熱い熱いよぉ。ねぇ、花●ちゃん(←人の名前?一応伏せ字にしとく)あたしと仲良くしてね。ずっとね】
【7がつ3日。寒いね寒いよ冷たいよ。今日も花●ちゃんと遊んだよ。あたしは一人じゃないもんね?そうでしょ?ねぇ?】
【6月4日(←何故か過去の日付になってる)忘れてないよね?時間が時計が砂時計の砂がおいかけてくるよ。おかしいね】
【6がつ33日(←?)ねぇ花●ちゃん、ねぇ花●ちゃん。今日、知らないお兄さんと友達になったよ。公園いったら人形さんになったよ。ねぇ花●ちゃんどこ?】

でなんか何ページか白紙のあとに大きく一ページに【ねぇ!!】って書いてある

省略してこんな感じ。ほかにも不可解なこといっぱい書いてある。


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/14(金) 19:44:06.62 ID:hx89o7h9O
あと、日記に挟まってたのは升目のノートを不自然に破いてある紙に
【たのしいね!人生。今日のおひるの2時25分ねがいがかなった、生きててよかったうれしいね。1周間ごなみだあふれる・・・・なでだろう。人生ってなんだろうとってもかなしいね…さみしいねなんかかなしいよなみだがとまんないよ手をあたしはるつうの子だよね】

こんな感じカナリ省略してます。誤字が多い。

あとはノート2ページぶん切り取ったやつにおぞましい分が紫の字でかかれてる。


続きを読む
posted by オカルト・都市伝説 at 16:00 | 2chであった怖い話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベランダの怖い話

つい先日ガチで怖い目にあった。
ちなみに自分は大学生で昔都内なのに築50年くらいの立派な
日本家屋に住んでた幼稚園生の頃に毎晩のように金縛りに遭ってた(嫌ではなかった)
以外何の霊経験もないし、幽霊見ることもないです。


1月の終わりの日曜だった。
彼女とのデートが成功裏に終わり、テンション高めで帰宅した。
俺は今アパートの二階に住んでるんだが、そこに洗濯物を干せる程度のスペースのベランダがある。
帰ってすぐに風呂行って寝ようと思ったんだけど、
ふと窓の外のベランダに目を向けたら、見た目普通のおばさんがいたわけね。
スーパーの安売りだったり八百屋の軒先にいそうな至って普通の。
ただ表情は最初から最後まで無表情だった。何の感情も読み取れないくらい。
まぁ自分の部屋だし明らかにおかしいんだけどテンション高いせいか
窓開けておばさんに
「何してるんですか?何か用でもあるんですか?」って言っちゃったわけ。
対応ミスったwwwとか思いながら何言おうか考えてたら
そのおばさんが急にグッと俺の腕を掴んで来て引っ張ってきた。
意味わかんなくて何も言えずたその場から動かないくらいに抵抗してた。
それでなんとなく瞬きしたんだよ。
そしたらおばさんの後ろにある光景がとんでもない事になってた。
いつもならアパートの2階から前の道路が見えるんだけど、
なぜか知らんマンションのベランダになってる。それも十数階建てのマンションの高い位置のベランダ。
自分の部屋はいつも通りなのにおばさんがいるベランダからが異常だった。

続きを読む
posted by オカルト・都市伝説 at 15:00 | 不気味な怖い話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

普通の家族がいちばん怖い

学校であった怖い話

東京伝説(渇いた街の怖い話)

葬儀屋が教えるココだけの怖い話

怖い話はなぜモテる

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。