リアル 前編

【関連リンク】
リアル 前編
リアル 後編
リアル 後日談


何かに取り憑かれたり狙われたり付きまとわれたりしたら、マジで洒落にならんことを最初に言っておく。

もう一つ俺の経験から言わせてもらうと、一度や二度のお祓いをすれば何とかなるって事はまず無い。
長い時間かけてゆっくり蝕まれるからね。
祓えないって事の方が多いみたいだな。

俺の場合は大体2年半位。
一応、断っておくと五体満足だし人並みに生活できてる。
ただ、残念ながら終わったかどうかって点は定かじゃない。


まずは始まりから書くことにする。

当時俺は23才。 社会人一年目って事で新しい生活を過ごすのに精一杯な頃だな。会社が小さかったから当然同期も少ない、必然的に仲が良くなる。
その同期に東北地方出身の○○って奴がいて、こいつがまた色んな事を知ってたりやけに知り合いが多かっりした訳。

で、よくこれをしたら××になるとか△△が来るとかって話あるじゃない?
あれ系の話はほとんどガセだと思うんだけど、幾つかは本当にそうなってもおかしくないのがあるらしいのよ。
そいつが言うには何か条件が幾つかあって、偶々揃っちゃうと起きるんじゃないかって。

俺の時は、まぁ悪ふざけが原因だろうな。
当時は車を買ってすぐだったし、一人暮らし始めて間もないし、何よりバイトとは比べ物にならない給料が入るんで週末は遊び呆けてた。

8月の頭に、ナンパして仲良くなった子達と○○、そして俺の計4人で所謂心霊スポットなる場所に肝試しに行ったわけさ。
その場は確かに怖かったし、寒気もしたし何かいるような気がしたりとかあったけども、特に何も起こらず、まぁスリルを満喫して帰った訳だ。

3日後だった。

当時の会社は上司が帰るまで新人は帰れないって暗黙のルールがあって、毎日遅くなってた。

疲れて家に帰って来て、ほんと今思い出しても理解出来ないのだが、部屋の入口にある姿見の前で、「してはいけないこと」をやったんだ。
試そうとか考えた訳ではなく、ふと思い付いただけだったと思う。

続きを読む
posted by オカルト・都市伝説 at 23:51 | 管理人オススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昔田舎で起こったこと 後日談

【関連リンク】
昔田舎で起こったこと
昔田舎で起こったこと 後日談


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/13(水) 18:16:00.16 ID:3Yn9BPua0
先週スレ立てた時は、戻ってこれたとしても報告できる状態ではないだろうと考えたので、
トリップも付けなかったから偽者と疑われるかもしれないけれども。
日曜昼過ぎに東京を出発し、現地に行ってきました。
帰ってきたのは昨夜、現地へ行ったのは俺一人です。
Cは…バックレました。
無理も無いです、恐怖で号泣してわびるCを責めるつもりは毛頭無いです。

6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/13(水) 18:17:05.94 ID:3Yn9BPua0
集落は県道拡張の影響で、集落内だけ新道が出来てたので多少印象が変わってて驚いた。
元祖父母家があった場所は話に聞いてた通り駐車場になってた。
2軒隣の魚屋(C家)は空き地のままで、むなしい気分になってしまった。

結果から言うと、廃屋には行けなかった。
橋が落ちていて、橋を吊ってる綱が残ってるだけだった。
あの当時ですら使われなくなって20〜30年以上は経過してただろうし、
あれから18年だから無理も無い。

廃屋の裏手にある山から入ることはできるだろうけど、
相応の装備も必要だろうし、今回は諦めた。

8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/13(水) 18:18:04.67 ID:3Yn9BPua0
石を投げられることを覚悟の上で、
近隣住民に聞き込みをしようと思い集落に戻った。
俺とCは、集落からしたら村八分以上、
というか大罪を犯した罪人のようなものだ。
何をされても不思議じゃないし。

隣の八百屋に行ってみたが、やはり話も聞いてもらえなかった。
何しに来た。あんたと関わるのはごめんだ。帰ってくれ、と。
祖父母家とC家の間にあった雑貨屋にも行ってみたが、
当時の女将さんではなく見知らぬ中年女性が居たが、
こちらも門前払いされてしまった。

その後も数軒まわったが、いずれも門前払いされてしまうか、
若い人で話が通じなかったりで収穫は無かった。

話が通じる人はどちらかというと、俺の訪問に対してビクビクしてるようだった。
俺とCだけじゃなく、この集落でもあの事件はまだ続いてるんだと実感した。


続きを読む
posted by オカルト・都市伝説 at 23:47 | 管理人オススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昔田舎で起こったこと

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/09(土) 16:40:44.58 ID:mwfbU+CM0
これを誰かに話すのははじめてなんだが、暇な奴は聞いてくれ。


3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/09(土) 16:42:28.07 ID:8Bp+h5fP0
あらかじめ断っておくけど、相当に長い上にヘタクソな文だと思う。
エロもない。
そして多分レスもしない。すまない、あまり時間が無いんだ。
ネタや釣りだと思われてもかまわない。
俺が吐き出したいだけというオナニースレだ。
ただ出来るだけ多くの人の目に触れてほしい。

早速話をはじめよう。
俺が小学5年の頃の話だ。


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/09(土) 16:43:27.71 ID:8Bp+h5fP0
東京で生まれ育った一人っ子の俺は、ほぼ毎年夏休みを利用して1ヶ月程母方の祖父母家へ行っていた。
両親共働きの鍵っ子だったので、祖父母家に行くのはたいてい俺一人だったが、初孫だった俺を祖父母はいつも笑顔で歓迎してくれた。
山あいにある小さな集落で、集落の北端は切り立った山になってて、その山のすぐ下を県道が走ってる。
県道沿いに商店が数軒並んでて、その中に祖父母家があった。
山を背にすると猫の額程の平地があり、真ん中に川が流れてて、川を渡って数分歩くとすぐ山になる。
山に挟まれた県道と川がしばらく坂を上っていくと、険しい峠になっていて、この集落は峠までの道で最後の集落になってる。
この峠は名前も何だか不気味だったこともあって、昔ながらの怪談話をよく大人たちに聞かされたものだった。
そんな寒村の小さな集落、全部合わせて50人も住んでないような場所だから、遊び仲間になる子供も5〜6人ぐらいしか居なかった。


続きを読む
posted by オカルト・都市伝説 at 23:42 | 管理人オススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

普通の家族がいちばん怖い

学校であった怖い話

東京伝説(渇いた街の怖い話)

葬儀屋が教えるココだけの怖い話

怖い話はなぜモテる

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。